感情のごみ箱。音楽と映画と小旅行がオアシス。映画の評価は★=1.0、☆=0.5で5つが最高。(+は個人的趣味加算・笑)

-------- -- --:--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
2008-07-14 Mon 00:10
連想ゲームです
ピカレスク、悪漢小説。
人間失格。
太宰治。

さて、何でしょう?(わからいでか)
スポンサーサイト
連想ゲームですの続きを読む
別窓 | モノローグ | コメント:0 | トラックバック:0 |
2008-03-23 Sun 21:21
あー
引っ越したい。
もうすぐ契約更新の時期なんで、1月からずーっと言ってるんだけど。
まだ決めかねててgdgdな自分(;´д`)
職場から徒歩3分の新築デザイナーズ物件見つけて2回も内覧行って来たんすけどね。
こう、即決出来るほどではなくて・・・。
今いるとこも条件がかなり良いので、離れるにはそれなりの覚悟がいるし、手間と費用も考えなきゃいけない。
今は不運なことにじっくり悩むヒマもありやせん。

そしてその他色々考えてたら鬱になりそうで焦った。

引っ越したいなー。
居住環境変えたいなー。
単調さは人を殺せると改めて思った。
別窓 | モノローグ | コメント:0 | トラックバック:0 |
2008-01-06 Sun 22:56
どこででも生きていける
俺達はあの頃 辿り着いたこの街 全てが手に入る気がした
故郷を捨て去り でかい夢を追いかけ 笑って生きてきた


思わず久々にハードリピな青春アミーゴ。
誰が何と言おうと、やっぱりこの唄はすごく良い。
東京に来る時もすごく聴いてたし、今、何故か無性に聴きたくて仕方なくなった。

去年(になるのね)の夏、出身が同じ子(年下だけど)が、自分の夢を捨てられないと、仕事をすっぱり辞めて地元へ帰って行った。
その直前に一緒に飲んだのだけど、その晴れ晴れしい表情と、きらきらした目と、潔い後ろ姿に、ずいぶんと感心させられたものだ。
だって、あの子が中学の時から知ってるから。
こんなに大きくなったんだなーと、何か姉の様な気分がしたのだと思う。

そして今年、2人の友達が、それぞれこの街から去っていく。
1人はアパートが一緒という数奇な縁で、大学で一番最初に友達になった子。
そしてもう1人は、それこそ25年来の付き合いになる幼なじみの親友。
二人とも、先月の式に来てくれてた。
二人とも、この街とは違う街で、新しい人生を歩き出すということだ。
信頼する相手と共に。

私は「修二と彰」が唄う様に、「昔からこの街に憧れて 信じて生きてきた」んだよね。
そして「辿り着いたこの街 全てが手に入る気がし」て、「故郷(ふるさと)を捨て去り でかい夢を追いかけ 笑って生きて」る。
来た時には大学の友人がいっぱいいて、それからも何人か来てることを知り、さらに高校の友人もいっぱい来ていることを知った。
で、安心してたんだよな、何となく。
その街で出来た友達でなく、別の地で知り合いまた別の地で集まった人というのは、妙な縁を感じてしまうから。
東京なんて所詮、全国各地からやって来た人ばかりの烏合の衆の街。
去る者は、去る。
そうは思うんだけど・・・妙な寂しさがあるなあ
ま、テメエ勝手に地元飛び出して勝手なこと言ってんじゃねーよって感じなんだけどね(笑)

うーん、さて、これから何処へ行こう。
別窓 | モノローグ | コメント:0 | トラックバック:0 |
2007-09-04 Tue 22:29
宿り木
7月末からゴタゴタしていた問題に、ようやく決着が着いた。
否、本当の決着と言えるのはまだこれから数年先なのかもしれないけれど、とりあえず一段落。

私がこういう人間でなかったら、もっと物事はすんなり進んだのかもしれない。
でも誰しも、本当に譲れない一線て、あるよね。
ボーダーラインというか、境界線というか。(アレ同じ?)
民事裁判なんかでもそうだけど、真っ向から対立する何かがあって、互いに譲れない一線があるのなら、その一線までで互譲するのが一番いいのだと思う。
白か黒、ではなく、グレー&グレー。
基本的に白黒はっきり着けたがる人間だけど、こと人の感情に関しては、白黒つけるのが必ずしもいいとは限らないことを今回は本当の意味で学んだ気がする。
うん、一歩成長したよ、自分。
自分という存在の在り方とかけがえのない存在の重み・・・そもそも秤に掛けた時点で、間違ってたんだな。
互譲して、両立させるって手を初めから考えてなかった。
死んでも譲れない一線はあるけれど、譲れる部分は譲っていく。
それも、人間関係では大切なこと。
改めて気付きました。

結婚ってのは難しいもんです。
でもだからこそ軽々しくするもんじゃないんだろうし、じっくり話し合うことが出来て良かった。
で、遅れまくってる式の準備を進めないとマズイ
遠方のお客さんが多いから早めに招待状発送したかったのにorz
別窓 | モノローグ | コメント:4 | トラックバック:0 |
2007-06-17 Sun 22:44
Sanctuary
Sanctuary【聖域】

神聖な地域。
侵してはならない場所。
まこと勝手ながら、私がずっと聖域と呼ばせてもらっている地がある。

BIG EGG。

14の時から言い続けているアイルランドは言わずもがな、7年前のミレニアムの終わりからずっと、この東京ドームという地は私の中で聖域の一つになっている。
今BIG EGGなんて呼び方するのかも分からないけど、あの当時はそう呼んでいた。
7年前の12月の真冬の終幕以来、一度も足を踏み入れてない。
きっと、間違いなく、これからも足を踏み入れることはないだろう地。
今日はこの”聖域”でカツンのオーラスがあるということで、妹ちゃんが東京にやって来てる。
いいな、東京ドームでのライヴ(*´Д`)=з
もうずいぶん長いコト、ライヴなんて行ってないや
こうして東京ドームライヴの話を聞く度に、どうしてもスレ友と連絡取らずにはいられなくなる。
幕が開くことを信じて早7年・・・。
いつになれば、この幕間劇は終わるんだろうか。
別窓 | モノローグ | コメント:0 | トラックバック:0 |
2007-05-12 Sat 22:57
感情の壊死
この街に、真っ直ぐ縦にナイフを入れてみたい。
切り取ったその断面は一体幾重の層を成しているのか、見てみたいから。
無数のメトロが蟻の巣のように張り巡らされたこの街。
今もまた、副都心線という新しい一本のメトロが、その層に加わろうとしている。
おかげさまで、青梅街道と山手通りという2つの大きな通りが交差する中野坂上の交差点はいつもunder constructionで、継ぎ接ぎだらけのアスファルトの地面に響く小うるさいドリルの音が消えることは、この一年本当になかった。

そう、1年。

東京に来て、今日でちょうど一年が経つ。
2006年の5月12日、私は飛行機に乗ってこの街へやってきた。
親友や同期の仲間、恩師に家族、そして青春アミーゴに見送られて。
感情の壊死の続きを読む
別窓 | モノローグ | コメント:0 | トラックバック:0 |
2006-12-31 Sun 23:58
激動の2006
司法書士の新人研修から始まった2006年。
職場、住む場所、生き方・・・いろんなものが激動したこの1年。
本当に濃い一年だったと思う。
せっかくだし、自分の記憶のため、それを月別ダイジェストで振り返ってみようと思います。
激動の2006の続きを読む
別窓 | モノローグ | コメント:0 | トラックバック:0 |
| ご み 箱 か ら 見 る 世 界 | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。