感情のごみ箱。音楽と映画と小旅行がオアシス。映画の評価は★=1.0、☆=0.5で5つが最高。(+は個人的趣味加算・笑)

-------- -- --:--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
2003-12-19 Fri 20:56
「デュース・ワイルド」感想
(03,11,19のログを移動)
デュース・ワイルド
●デュース・ワイルド/Deuces Wilds(原題)●'02/USA/96min
●監督:スコット・カルバート
●キャスト:スティーブン・ドーフ/ブラッド・レンフロ/ノーマン・リーダス/マット・ディロン
●映像・音楽:★★
●ストーリー:★★★
●総評価:★★☆


マット・ディロンとノーマンの夢の共演…と意気込んで借りたけどアイタタな作品でした(笑)
スポンサーサイト
「デュース・ワイルド」感想の続きを読む
別窓 | 映画・ドラマ・俳優 | コメント:0 | トラックバック:0 |
2003-12-15 Mon 20:49
「ハード・デイズ」感想
(03,11,15のログを移動)
ハード・デイズ
●ハード・デイズ/Six ways to Sunday(原題)●'97/USA/R/97min
●監督:アダム・バーンスタイン
●キャスト:ノーマン・リーダス/デボラ・ハリー/エイドリアン・ブロディ
●映像・音楽:★★★★☆
●ストーリー:★★★★★
●総評価:★★★★☆


すげぇぇ~!!こんなん観たことない!!これ面白い~!!!(((;゚Д゚)))
もう最高(笑)ブチ切れてます、この映画
主人公ハロルド"ハリー"・オダム(ノーマン)もその母ケイト(デボラ・ハリー)もストーリーも何もかも歪みまくりのキレまくり!

すっげ笑ったんだけど?!すっげドキドキしたんだけど?!
何かね、すっごい不思議!もう何なのこの歪みっぷりは?!何というか、もうホントに説明出来ない歪みっぷりがコミカルで、でもスリラーっぽくてとにかくユニーク!!!こ~れは案外深いぞ?!単純っぽいのに深いぞ?!

以下、ネタバレありの感想になります!!
「ハード・デイズ」感想の続きを読む
別窓 | 映画・ドラマ・俳優 | コメント:0 | トラックバック:0 |
2003-12-14 Sun 20:46
「Bad Seed」感想
(03,11,14のログを移動)
Bad Seed
●Bad Seed(原題)●'00/USA/R/93min
●監督:Jon Bokenkamp
●キャスト:ルーク・ウィルソン/ノーマン・リーダス
●映像・音楽:★★☆
●ストーリー:★★★☆
●総評価:★★★☆
●特筆:国内未発表/US版DVDはこちら


相変わらずノーマン出演作三昧(・∀・)

一言、これイイ(゚∀゚)ノ

もうもう…最後のトコなんかめちゃめちゃ嗚咽しちゃったよ!(泣)どうして?!どうしてこんなに可愛そうなのジョナサン?!君を観てるこっちが苦しくて何度も泣いちゃったじゃんよー!(>_<)
ちょっとこれ、なかなかにいい作品じゃん!!個人的にダクハバより好きだー!(>_<)うっわ!こんな良い作品だとは全然思ってなかったよ~(:_;)すっご良かった…!ホント、偶然でも手に入ってホント良かったぁぁ~(泣)
「Bad Seed」感想の続きを読む
別窓 | 映画・ドラマ・俳優 | コメント:0 | トラックバック:0 |
2003-12-13 Sat 20:40
「Dark Harbor」感想
(03,11,13のログを移動)
Dark Harbor
●Dark Harbor(原題)●'98/USA/R/96min
●監督:アダム・コールマン・ハワード
●キャスト:アラン・リックマン/ノーマン・リーダス/ポリー・ウォーカー
●映像・音楽:★★
●ストーリー:★★★
●総評価:★★☆
●特筆:国内未発表/US版DVDはこちら


昨日届いたんですよ、ドイツから欧州版ダクハバが。

観ろ。
ノーマンファンはつべこべ言わずに観なさいと言いたい(笑)
とにかくね、うん、みなが騒ぐだけあります…つかあの美しさと妖しさはね、もうこの世のものじゃないホントに(滝汗)
これはスゴイ…ノームの美しさはもう十分すぎるほど分かってたはずなんだけど、ごめん、これ観ずに彼の美しさは語っちゃいけなかった(汗)ホントになめてた(汗)すごいよ…もうただただ画面に釘付け!息止まりそうだった(汗)まだ心臓がバクバク言ってる。
ノーマンファンなら意地でも観ろ!廃盤がなに?!PALがなに?!私でさえ観れたんだから絶対観れます!

以下、ネタバレありの感想です。
「Dark Harbor」感想の続きを読む
別窓 | 映画・ドラマ・俳優 | コメント:0 | トラックバック:0 |
2003-12-11 Thu 20:38
「Let the Devil Wear Black」感想
(03,11,6のログを移動)

●Let the Devil Wear Black(原題)●'99/USA/R/89min
●監督:ステイシー・タイトル
●キャスト:ランダル・バティンコフ/ジョナサン・ペナー/メアリー=ルイーズ・パーカー/ジャクリーン・ビセット
●映像・音楽:★☆
●ストーリー:★☆
●総評価:★★
●特筆:国内未発表


ウィリアム・シェイクスピアの"ハムレット"準拠の現代版サスペンスストーリー。
超B級(・∀・)
イーサン・ホークの"ハムレット"が舞台としたような、ビルが建ち並び車が飛び交う全くの現代NYが舞台というわけじゃありません。キャッチフレーズ(笑)が"Something is Rotten in the City of Angels"とある通り、LAの夜の街が舞台になってます。

ハムレットらしく、資産家の父親の死に疑問を持つジャック(ジョナサン・ペナー)が、バーで父親の亡霊(?)に会うことで、彼が誰かに殺されたことを確信して捜査にのりだす、と(笑)

しかしまあ穴の多いこと(・∀・)B級サスペンスは穴多くてなんぼだろうが、しかし「ヲイヲイ!」とつっこみたくなる理不尽な部分が多くて思わず笑ってしまったよ。これはジャックより、その彼女ジュリア(メアリー=ルイーズ・パーカー)が良い味出してます。妊娠して不安定になってる女性の危うさを、気怠げ~なオーラでナチュラルに演じてた。コートニー・ラブのような迫力。

とまぁあくまでB級サスペンスな映画の内容についてはこの辺にしといて、個人的にはノーマンファンとしてオススメしたい作品ではあるんだなコレが(笑)
ノーマンの役はジャックの友人ジェシー。
このジェシー、ノーマンの役の中でもダントツに退廃的な目とオーラを湛えてるんです(>_<)私はノーマンの退廃的でどこか厭世的な色がある目にハマってて、ジェシーはノームのその魅力がめちゃめちゃ生かされててvvv
故にノームの退廃的なオーラが好きって人は観ていいと思う。
別窓 | 映画・ドラマ・俳優 | コメント:0 | トラックバック:0 |
2003-12-10 Wed 20:33
「王様の漢方」
(03,11,5のログを移動)
王様の漢方
●王様の漢方
●'02/日・中
●監督:ニュウ・ポ
●キャスト:チュウ・シュイ/渡辺篤史/ノーマン・リーダス
●映像・音楽:
●ストーリー:
●総評価:

日中国交正常化30周年記念作品だそうだけど…だ、駄作(汗)
音楽がとりわけ救えない感じでもう笑えたくらい。
「王様の漢方」の続きを読む
別窓 | 映画・ドラマ・俳優 | コメント:0 | トラックバック:0 |
2003-12-10 Wed 20:17
「floating」感想
(03,11,1のログを移動)
floating
●floating(原題)●'99/USA/90min
●監督:ウィリアム・ロス
●キャスト:ノーマン・リーダス/チャド・ロウ/ウィル・ライマン
●映像・音楽:★★★
●ストーリー:★★★★
●総評価:★★★★
●特筆:国内未発表/US版DVDはこちら


すっごい綺麗で哀しくて辛いお話。英字幕さえないのが痛かったけど、すっごい感動します!!
しかもこのヴァンのノーム、ホンッットに美しいーー!!!(汗)
ヴィジュアルだけで言えば間違いなく、ダントツ!!に格好いいし可愛いし美しいですホント!!!かなりビックリ!今までこんな格好いい人見たことナイですよ、私…(滝汗)
「floating」感想の続きを読む
別窓 | 映画・ドラマ・俳優 | コメント:0 | トラックバック:0 |
2003-12-04 Thu 22:39
「サイダーハウス・ルール」感想
(03,10,4のログを移動)

●サイダーハウス・ルール/The Cider House Rules(原題)
●'99/USA
●監督:ラッセ・ハルストレム
●原作:ジョン・アーヴィング
●キャスト:トビー・マグワイア/マイケル・ケイン/シャーリーズ・セロン
●映像・音楽:★★★★★
●ストーリー:★★★★★
●総評価:★★★★★

”おやすみメインの王子、イングランドの王”――。

メイン州孤児院セント・クラウズの夜、院長ドクター・ラーチ(マイケル・ケイン)がいつも優しく言っていた。
そのセリフをホーマー(トビー)が最後に言った時、涙しない人はいないと思う。
この作品こそ、ラッセ・ハルストレム監督の監督としての才能を惜しむことなく発揮している作品でしょう!!
原作はジョン・アーヴィングのベストセラーとなった同名小説で、孤児問題・堕胎・近親相姦といった非常に重い社会問題をテーマにしているもの(ちなみに原作は原文で読むコトをお薦めします。すごい文章が上手い!)。
演出部門でオスカーを採っただけはある映像と音楽の静かな美しさは、この作品を超える映画を知りません私(涙)トレイラーの最初の音楽と汽車の映像だけもで号泣してしまう(つД`)・゚・。・゚゚・*

ハルストレム監督は本当に人間を信じてる、愛してる人。
だからこれだけ重いテーマを取り上げながら、いつも見終えた後にとても穏やかな気持ちになれるの。
「サイダーハウス・ルール」感想の続きを読む
別窓 | 映画・ドラマ・俳優 | コメント:0 | トラックバック:0 |
2003-12-04 Thu 22:22
「カラー・オブ・ハート」感想
(03,10,4のログを移動)

●カラー・オブ・ハート/Pleasantville(原題)
●'98/USA
●監督:ゲイリー・ロス
●キャスト:トビー・マグワイア/リース・ウィザースプーン/ウィリアム・H・メイシー/ジョアン・アレン
●映像・音楽:★★★★
●ストーリー:★★★★★
●総評価:★★★★★

邦題のセンスに拍手ー!!この邦題つけた人すごい!マジ感激した(゚∀゚)ノ
もちろんそのまま訳して「プレザントヴィル」でも良かったけど、「カラー・オブ・ハート」・・・う~ん、この妙題には恐れ入ったね☆
凄く趣味のいい芸術的なおとぎ話
とにかく文句なしに面白いので、是非一度は誰にでも観て欲しい作品です♪
「カラー・オブ・ハート」感想の続きを読む
別窓 | 映画・ドラマ・俳優 | コメント:0 | トラックバック:0 |
2003-12-04 Thu 22:07
「アイス・ストーム」感想
(03,10,3のログを移動)

●アイス・ストーム/The Ice Storm(原題)
●'05/USA/PG-13/120min
●監督:アン・リー
●キャスト:ケヴィン・クライン/ジョアン・アレン/トビー・マグワイア/クリスティーナ・リッチ/イライジャ・ウッド
●映像・音楽:★★★
●ストーリー:★★
●総評価:★★☆

愛していても人は人を裏切る。一緒にいても心が離れていく。
それでも彼らは、家族の中に自分の居場所を探そうとしていた――。
というあおりを読めば、ああ納得。
でもこれを読まずに見たら、一体何がテーマだったのか微妙すぎ(笑)
「アイス・ストーム」感想の続きを読む
別窓 | 映画・ドラマ・俳優 | コメント:0 | トラックバック:0 |
2003-12-01 Mon 22:57
「ワンダー・ボーイズ」感想
(03,10,6のログを移動)

●ワンダー・ボーイズ/Wonder Boys(原題)
●'00/USA
●監督:カーティス・ハンソン
●キャスト:マイケル・ダグラス/トビー・マグワイア/フランシス・マクドーマンド/ロバート・ダウニー・ジュニア
●映像・音楽:★★★
●ストーリー:★★★★
●総評価:★★★☆

トラビス(*ゴシップ)に並ぶ不思議少女がここに!(笑)
妹が「ヤツ(=ジェームズ)にはトラと同じ匂いを感じる」って勧めてくれて、ホントその通りでした(笑)
ここでのジェームズ役は、マグの繊細さと”何考えてるのか分からなさ”が全面に押し出されてますvv

ワンダーボーイは「神童」の意だけど、「際だった才能を示す青年」って意味の方が内容に近いかも。

作家でもあるトリップ教授(マイケル・ダグラス)は7年前に着手した作品が未だに書き終わらず、そのページ数たるや現在何と2611頁(笑)
ヲイヲイ!
で、そんな彼の教え子で不思議少女ジェームズ(トビー)は突飛な行動ばっかしでかしてトリップ教授の悩みの種だし、7年間作品の完成を待って&催促しているクビギリギリの編集者テリー(ロバート・ダウニー・ジュニア)も右に同じ。

要するにこのメイン3人、みんな色んな意味でギリギリ(笑)
それを自覚してないジェームズの困ったちゃんっぷりを、トビーはこれまた無表情とぎりぎり一線を画す絶妙な演技で魅せてくれてます♪
主演&主役はあくまでトリップ教授。
マヌケでイッパイイッパイで、でも知的なトリップ教授にダグラスはジャストフィット。
彼のドタバタ劇にジェームズとテリーがいっそう面白みと深みを加えてる、まさに濃い~キャラクター達の絶妙なアンサンブルが楽しめる作品

ジェームズの行動が虚言症によるものなのか、果ては本当のことなのかギリギリで分からないのもまた面白い!
港で2611頁の原稿が舞い散るシーンが個人的に大好きです(´∀`)
淡々としてるけどこれは面白いですよ~。人生なんていろいろギリギリ。
別窓 | 映画・ドラマ・俳優 | コメント:0 | トラックバック:0 |
2003-12-01 Mon 22:48
「楽園をください」感想

(03,10,5のログを移動)
●シビルガン~楽園をください~/Ride with the Devil(原題)
●'99/USA
●監督:アン・リー
●キャスト:トビー・マグワイア/スキート・ウールリッチ/ジェフリー・ライト/ジョナサン・リース=マイヤーズ/ジョエル
●映像・音楽:★★★
●ストーリー:★★★
●総評価:★★★

トビーか~わ~い~いぃ!!(((;゚Д゚)))ホンッットに可愛いですこのトビー!(>_<)
もう絶対萌えずにはいられない可愛さ!!!
まるでトビーのプロモでも観てるかの様にトビーの魅力全開・キュートさ全開なオイシイ作品でした(´人`)
ジョナサンの美しさもヤヴァイ…マジでヤヴァイ(汗)
南北戦争を描いた長い戦争映画ですが、トビーファン、ジョナリスファンは見た方がいいです(笑)
「楽園をください」感想の続きを読む
別窓 | 映画・ドラマ・俳優 | コメント:0 | トラックバック:0 |
2003-12-01 Mon 21:18
「パイレーツ・オブ・カリビアン 呪われた海賊たち」感想
(03/7/27のログを移動)
パイレーツ・オブ・カリビアン
●パイレーツ・オブ・カリビアン 呪われた海賊たち/Pirates of the Caribbean: The Curse of the Black Pearl(原題)
●'03/PG-13/USA/143 min
●監督:ゴア・ヴァービンスキー
●制作:ジェリー・ブラッカイマー
●キャスト:ジョニー・デップ/オーランド・ブルーム/キーラ・ナイトレイ/ジェフリー・ラッシュ
●映像・音楽:★★★★★
●ストーリー:★★★★☆
●総評価:★★★★★


本邦公開に先駆け、行って来ましたジャパン・プレミアat福岡都久志会館!!!!!(゚∀゚)ノ
ジョニー主演と聞き「見に行こうvv」と思って早6ヶ月・・・。
さらにオーリが共演と知って、発狂を抑えつつ待つこと4ヶ月・・・!!!
もうね・・・最高(((;゚Д゚)))スッゲ
期待通り・・・というか期待の遙か上空をいく勢いで面白かった!!!!
ディズ●ーと侮るなかれ・・・!!ブラッ●イマーと侮るなかれ!!!!(笑)
これ欺されたと思って観て欲しい!!!ホントに痛快で面白いから!!!(゚∀゚)ノ
夏に合う爽快で痛快な、震えるような興奮がある冒険活劇!!!
海モノは日本ではコケるというジンクスがあるけど、これは間違いなくヒットするね☆断言できる(笑)

「パイレーツ・オブ・カリビアン 呪われた海賊たち」感想の続きを読む
別窓 | 映画・ドラマ・俳優 | コメント:0 | トラックバック:0 |
2003-12-01 Mon 20:08
「バロウズの妻」感想
(03,10,29のログを移動)
バロウズの妻
●バロウズの妻/Beat(原題)●'00/USA/R/93min
●監督:ゲイリー・ウォルコウ
●キャスト:コートニー・ラブ/ノーマン・リーダス/ロン・リビングストン/キーファー・サザーランド
●映像・音楽:★★★
●ストーリー:★★★
●総評価:★★★

ビート世代の代表、ウィリアム”ビル”・バロウズとその仲間の実話。
でも話の中心はビル(キーファー・サザーランド)ではなく完全にルシアン・カー(ノーマン)です。まあ邦題通りジョーン(コートニー・ラブ)中心と言った方が正しいけど。
私は結構好きかな。やっぱり実在の人物の話は好きだなあ。ジョー・バーンに続いてルシアン・カーについても調べたくなったよ(笑)ルシアンが小説を書かなかったあたりも理由が知りたいな…。
「バロウズの妻」感想の続きを読む
別窓 | 映画・ドラマ・俳優 | コメント:0 | トラックバック:0 |
2003-12-01 Mon 20:06
「ゴシップ」感想
(03,10,29のログを移動)
ゴシップ
●ゴシップ/GOSSIP(原題)●'00/USA/R/90min
●監督:デイビス・グッゲンハイム
●制作総指揮:ジョエル・シューマッカー
●キャスト:ジェームズ・マースデン/レナ・ヘディ/ノーマン・リーダス/ケイト・ハドソン
●映像・音楽:★★★★☆
●ストーリー:★★★★☆
●総評価:★★★★★

予想外に…つか、めっちゃめちゃ面白かった!!(゚∀゚)ノ
正直ノーマン出てるから借りただけで、内容に期待してなかったのに良い意味で裏切られた!(嬉)
最初の見せ方から”あ、良さそう”って思わせてくれたし、映像もカメラワークもめちゃ好きな感じだった!!
学園サスペンスって久々だったけど、やっぱりいい!!(笑)ジョシュの”O(オー)”やキーラの”穴”にすっごい似た感じ。

以下、ネタバレ含む感想になります。
「ゴシップ」感想の続きを読む
別窓 | 映画・ドラマ・俳優 | コメント:0 | トラックバック:0 |
2003-12-01 Mon 20:04
「ブレイド2」感想
(03,10,21のログを移動)

●ブレイドⅡ/Blade2(原題)
●'02/USA/117min
●監督:ギジェルモ・デル・トロ
●キャスト:ウェズリー・スナイプス/クリス・クリストファーソン/ノーマン・リーダス
●映像・音楽:★★★
●ストーリー:★★☆
●総評価:★★☆


スカッドに始まりスカッドに終わる。以上!(笑)だってブレイド強すぎるんだもーん。ぶっちゃけ強すぎて面白くない。絶対的な強さって苦手なんですよ。好きな人は好きだろうけどね。
「ブレイド2」感想の続きを読む
別窓 | 映画・ドラマ・俳優 | コメント:0 | トラックバック:0 |
2003-12-01 Mon 18:47
「処刑人」感想
(03,10,16のログを移動)
処刑人
●処刑人/The Boondock Saints(原題)●'99/Canada&USA/110min
●監督:トロイ・ダフィー
●キャスト:ショーン・パトリック・フラナリー/ノーマン・リーダス/ウィレム・デフォー
●映像・音楽:★★★★★
●ストーリー:★★★★★
●総評価:★★★★★


最高。
何だこのB級テイストな超A級は!!!!
とにかく観ろ!!!そう言いたい1本(笑)私をノーマンにハメてくれた記念すべき作品(笑)そしてノーム抜きにしても素晴らしい映画だと思います!
「処刑人」感想の続きを読む
別窓 | 映画・ドラマ・俳優 | コメント:0 | トラックバック:0 |
2003-12-01 Mon 17:20
「ケリー・ザ・ギャング」感想
(03/8/23のログを移動)
Ned Kelly
●ケリー・ザ・ギャング/Ned Kelly(原題)
●'03/R/Australia・UK・France/110 min
●監督:グレゴール・ジョーダン
●キャスト:ヒース・レジャー/オーランド・ブルーム/ナオミ・ワッツ/ジェフリー・ラッシュ
●映像・音楽:★★★★
●ストーリー:★★★★
●総評価:★★★★


この映画の魅力は一言、オーランド・ブルームの魅力に尽きる!!!!
正確には、オーリの演じるジョー・バーンという人物ね!!
いやあ、彼、こんなイイ演技できるんだねえ。これ、オーリファン絶対観るべし!!!(゚∀゚)ノ

オーストラリアに実在した、アイリッシュの伝説のブッシュ・レンジャー(山賊)ケリー・ギャング
そのリーダーであるエドワード”ネッド”・ケリーの短い生涯を描いた作品です。(時代背景補足は「続きを読む」以下)
オーストラリアのヒーローへのオマージュからか、配役もほとんどオーストラリア人の俳優を起用し、ロケも同地。いたるところで(無駄なくらいに)オーストラリアの雄大な自然が散りばめられており、音楽・音楽もかなり良かったと思います。
派手さはないけど、じっくり味わえるインディペンデント系の良作でした。

ただ、グレゴール・ジョーダンという監督はすごく丁寧に映画を作る人だけど、そんなに演出や見せ方が上手いってわけじゃないんだよね(^^;
キャストもこれだけ豪華、予算も(濠映画としては)かかってる割に、ハナヂ吹いてぶっ倒れるようなインパクトのあるシーンはなくて、正直もったいないなーって感は否めない。
とは言え、ネッドの声明文のシーンは痛快だし、ケリー・ギャングの最後は涙なしじゃ観られない。
ケリー・ギャングの最後、青い空を見上げるネッドの頭を過ぎるのは、幼い頃、父親に認めてもらった、誇りに思ってもらえた輝かしい小さなヒーローだったあの瞬間。
緑と金のサッシュを腰に巻いた、あの時のこと。
緑と金のサッシュのヒーローになりたかった
――ネッドのこれまでの思いは、全てここに還元されてるのです(泣)

役者については、ヒースがこれでもかってくらい髭(笑)
でも髭ヒースラヴァーとしては最高。
ケリーギャングは何度も映画化されてるけど、ヒース程ネッドに似てるのはいないんじゃない?
でもヒースはアクセント全く意識してないねー(笑)
ずっと濠にいたからいいのかな?両親がアイリッシュだからアクセント入ってても良さそうだけど…。
それからオーリasジョーなんだけど、冒頭の通り最高にキュートでクールでクレイジー(笑)
人間臭くて、笑った表情は可愛いしすました表情は面白い、女口説くシーンは色気全開と、とにかくやることなすこと全てが目を引くvvv
出番こそ少ないけど、お風呂シーンや女装シーンもあってホント素晴らしい!
ジョーは役として、実在した人物としてすごい魅力的だと思う。
どうしてアヘンに狂ったのか、ネッドの元に下る事になったのか、ケリーギャングと行動を共にしたのか、いろいろ謎が多い人物でもあります。
ジョーのオーリィは発音もちゃんと濠+アイルランド訛りですっごい上手く発音してて尊敬!馬車を止める時ネッドに話してるアクセントなんてなめらかで溶けそう(笑)

最後に、タイトルが「Kelly Gang」から最終的に元の「Ned Kelly」に戻ったことから分かるようにこれはネッド・ケリーの半生をつづった映画。
なのに!!!!!!
まーたやらかしやがったよ邦題!!!(`д´)=3
どう考えても「ネッド・ケリー」だろうがァァァァ!!!!!
「ケリー・ザ・ギャング」感想の続きを読む
別窓 | 映画・ドラマ・俳優 | コメント:0 | トラックバック:0 |
2003-12-01 Mon 13:23
「チョコレート」感想
(03,10,10のログを移動)
チョコレート
●チョコレート/Monster's Ball(原題)
●'01/R/USA・Canada/112 min
●監督:マーク・フォスター
●キャスト:ビリー・ボブ・ソーントン/ハル・ベリー/ヒース・レジャー
●映像・音楽:★★★
●ストーリー:★★★☆
●総評価:★★★☆


これは邦題のセンスに拍手!
原題の”怪物達の饗宴”(だっけ?)は、映画の前半だけみれば合ってるけど、重要な後半を考えたらチョコレートってすごい上手いタイトルだと思う。
だって気が付けば、いたるところに「チョコレート」が出てるんだもの。
あれ、ほら、ハル・ベリーと息子の肌の色も・・・。

ハル・ベリーは可愛いね~vvさすがにオスカーに値するこの体当たりの演技はすごい(^^;
登場シーンは短かったけど、ヒース(ソニー)はめちゃインパクトありました。
BBソーントンとハル・ベリーは当然としても、存在としてはソニーが一番印象に残るからビックリ。
ホントにびっくりしたよ(((;゚Д゚)))ソニーの自殺シーンは意外のあまり椅子から飛び上がったから;;
ソニー・・・あんた切なすぎだよ(泣)
誰もが孤独で、誰もが愛をほしがってたんだよね。
みんな失って初めてそれに気付く。ああ、なんてリアルなんだろう。

重いテーマを詰め込みすぎなのに無理なく消化してるのはアカデミー採っただけはあるかと思う。
ヒースの演技が最高に光ってるので、屈折したヒースを観たいならお勧めです。屈折ヒースは珍しい。

しかし実はこの映画、じんわり後から効いてきます(笑)とりわけソニーを観たくなる…。
別窓 | 映画・ドラマ・俳優 | コメント:0 | トラックバック:0 |
2003-12-01 Mon 12:41
「ロック・ユー!」感想
(03,10,9のログを移動)
ロック・ユー!
●ロック・ユー!/A Knight's Tale(原題)
●'01/PG-13/USA/132 min
●監督:ブライアン・ヘルゲランド
●キャスト:ヒース・レジャー/ポール・ベタニー/シャニン・ソサモン/マーク・アディ
●映像・音楽:★★★★☆
●ストーリー:★★★★☆
●総評価:★★★★★


We will rock you!
We will rock you!

まず初っぱなのクィーンの"We Will Rock You"にヤラれます!!!
たいがい初めの音楽で面白いかそうでないかが分かるもんだけど、まさか邦題タイトルから想像する音楽が本当に使われてるとはね!良い意味で裏切られた気がする。
平民達が”We Will Rock You”を大合唱してるだけで何だかワクワクしてきて、気が付けば、さっそくこの映画の中世の世界へダイブしてる自分がいたという。
恐るべし、「ロック・ユー!」(((;゚Д゚)))

一瞬、18世紀の舞台に20世紀のロックが合うのか?!と焦るんだけど、これがまた監督ヘルゲランドの上手いトコで、全く違和感なくむしろスタイリッシュに融合させてるんだよねvv
この「20世紀ロックの中世への融合」は、この映画の一つのポイントかもしれない。
途中のダンスシーン然り、主人公ら5人が並んで競技場へ登場するシーン然り。

ストーリーは今時あり?!って言いたくなるような平凡なサクセスストーリー。
平民で貧しい青年が騎士に扮して、仲間と共に馬上槍の試合でどんどんその名を上げて行き、そこで身分違いのお姫様と恋に落ちる、と。
ホントにRPGみたい。

この平凡な一本のストーリーに色を付けているのが、個性的なキャラ達。
恐れ知らずで粗野、だけど詩人でピュアで優しい主人公ウィリアム(ヒース)、
ウィルを助ける兄貴分のいかさま二枚舌文筆家ジェフリー・チョーサー(ポール・ベタニー)、
我が侭で気まぐれ、だけど気高く美しいお姫様ジョスリン、
ウィルの実力と俄の名声を妬み、ウィルを陥れようとするモロ悪役のアダマー卿、
そして身分を隠して馬上槍試合に出場し、ウィルと友情(?)を結ぶ黒太子エドワード・・・。
鍛冶屋のケイトや盲目の父親も良かったです。
これらを演じる役者陣の最高の演技で、むしろこのありがちさが面白く感じられました!
典型的なキャスティングの成功例だと思う。
ヒロインのシャニンについては批判も多いみたいだけど私は好きvvDJやってたとこを見初められたそうで。クセのある美しさいいんじゃん!あの意味不明な性格も可愛いから許す(笑)
しかしやっぱりキャストで言えばいきなり素っ裸で登場したベタニーに拍手したい(笑)
で、ウィルがとにかく可愛かった(((;゚Д゚)))やばいくらいに可愛かった!!!!ヒースたん可愛かっこよすぎ!!!
捕まって晒されるシーンなんて萌えすぎてどうしてくれようかって感じ(笑)

馬上槍試合のシーンの迫力はものすごく良かった!!!
カメラアングル秀逸ですねえ。この監督はカメラの引き方とシーンの小回りが本当に上手いのよ!!
シーン別には、英国王子がウィルに爵位を与えるシーンがすっごい震えました!王子格好いい~!
ウィルが親父さんと再会するシーンにも号泣(つД`)・゚・。・゚゚・*
「ついに運命を変えたか」ってオヤジさんの台詞がもう・・・!!目は見えなくても、12年経っても、「運命を変えろ」と別れた息子のことは忘れなかったんだね(涙)
そう、この映画のテーマは「運命は変えることができる」、これ。
夢を追うのは古今東西誰でも同じ。
過酷な運命を変えたいのもそう。
ウィルは貧しく過酷な少年時代に親と別れ、12年間ずっと夢を追い続けたわけです。
「いつかきっと、騎士になる」
その夢を。
ウィリアム卿が勝利した瞬間、思わずスタンディング・オベーションしちゃうこと間違いなし♪
笑ってノレて泣けてホントにいい映画!!ぜひ一度は見て欲しい!!!
別窓 | 映画・ドラマ・俳優 | コメント:0 | トラックバック:0 |
2003-12-01 Mon 12:27
「パトリオット」感想
(03,10,8のログを移動)
パトリオット
●パトリオット/The Patriot(原題)
●'00/R/USA・Germany/165 min
●監督:ローランド・エメリッヒ
●キャスト:メル・ギブソン/ヒース・レジャー
●映像・音楽:★★
●ストーリー:★★★
●総評価:★★☆


アメリカのイギリスからの独立闘争がテーマの、少し重い作品。
評価では「露骨なアメリカ万歳がイヤになる」というのを良く見かけたし、確かにそう思う。
とにかくアンフェアなんだよ。単にギブソンを良く撮っただけ?みたいな。
なんだけどこういう映画は単純に映画として観るくせがついてるからそれなりに感動はした。
ただ、米国よりの戦争映画がダメな人は耐えられないかも…。

主人公のマーチン(メル・ギブソン)もその息子ガブリエル(ヒース)。
戦争映画だけど、この親子の関係について泣かされた部分が大きかった。
逆に言えばこの親子(とゆーかむしろヒース)がなければ、この映画最後まで見てなかったなあ。
ガブリエルがチクチク縫ってた(←この縫う姿、もう激プリvv)国旗を掲げてマーチンが軍に復帰したトコは涙ぼろぼろでした(苦笑)

この映画は何よりヒースが可愛くて可愛くて仕方ないんです(笑)
髭なしベビーフェイスで格好良かった~~(´人`)
とりわけアンとの結婚式にはひたすら萌え狂ってしまいましたよ可愛くてvvヒースは恋する青年も悩める青年もホントに上手い!つかむしろ素?(笑)
アンに変わって本気でヒースと結婚したいとか思っちゃったしね(痛)
でもガブリエル、本当に悲運の青年で観てて辛かった…。
そうそう、マーチンとスーザン(一番下の娘)の会話も涙なしでは観れません。

結論。
戦争映画としてはダメだが、家族愛映画だと思えばそれなりに良かった(・∀・)
別窓 | 映画・ドラマ・俳優 | コメント:0 | トラックバック:0 |
2003-12-01 Mon 12:06
「トゥー・ハンズ」感想
(03,10,7のログを移動)
トゥーハンズ
●トゥー・ハンズ/Two Hands(原題)
●'99/R/Australia/103 min
●監督:グレゴール・ジョーダン
●キャスト:ヒース・レジャー/ブライアン・ブラウン/ローズ・バーン
●映像・音楽:★★
●ストーリー:★★★
●総評価:★★☆


大物になりたいと夢見るありがちな青年ジミー(ヒース)が、街のボス・パンド(ブライアン・ブラウン)に見初められて仕事を与えられるとこから始まります。
つまり、しょーもないが熱い青年が何とか男を上げようとして、気が付けばヤバイ道でのし上がっていくことになったという、ありがちなサクセスストーリー。

結局ジミーは仕事に失敗。
そして逆に命を狙われることになるという単純なストーリーな上にちょっとご都合主義なトコも多くて、ヒース主演じゃなきゃ観てない(笑)
一応、ロマンス・アクション・コメディ・青春と、映画の要素はたっぷりある。
あるけども、どれも入れたがゆえにどれも半端に終わってしまってるという・・・(`д´)=3

まあ、結構上半身裸だったりタンクトップだったりするんで、ヒースのあの素晴らしい肉体を存分に堪能できる(ハナヂ)点でオススメかもvv
ヒースはホントに格好いい!
いつもながら素でやってるような演技には脱帽☆
監督グレゴール・ジョーダンはあの"Ned Kelly"の監督。ヒースを格好良く撮るのが上手い人だなあ(笑)
別窓 | 映画・ドラマ・俳優 | コメント:0 | トラックバック:0 |
2003-12-01 Mon 01:23
「ロード・オブ・ザ・リング 旅の仲間」感想
(03,3,25のログを移動)
旅の仲間
●ロード・オブ・ザリング 旅の仲間/The Lord of the Rings: The Fellowship of the Ring(原題)
●'01/PG-13/New Zealand・USA/178 min
●監督:ピーター・ジャクソン
●キャスト:イライジャ・ウッド、ヴィゴ・モーテンセン、イアン・マッケラン、オーランド・ブルーム
●映像・音楽:★★★★★
●ストーリー:★★★★★
●総評価:★★★★★


実は映画館に見に行ってません(汗)
当時は「は?指輪物語?なにそれ?」状態で…(←ヴァカ)すっごい後悔してます(-"-;)

きっと今更だし、まともな感想はいろんなところで書かれていることだし、ここはツッコミながら感想書こうと思います(笑)
いや、もう素晴らしいのはTTT同様疑うところがない傑作なので。(個人的にTTTの方が好き。)
「ロード・オブ・ザ・リング 旅の仲間」感想の続きを読む
別窓 | 映画・ドラマ・俳優 | コメント:0 | トラックバック:0 |
2003-12-01 Mon 00:46
「ロード・オブ・ザ・リング 二つの塔」感想
(03,3,12のログを移動)
TTT
●ロード・オブ・ザリング 二つの塔/The Lord of the Rings: The Two Towers(原題)
●'02/PG-13/New Zealand・USA・Germany/179 min
●監督:ピーター・ジャクソン
●キャスト:イライジャ・ウッド、ヴィゴ・モーテンセン、イアン・マッケラン、オーランド・ブルーム
●映像・音楽:★★★★★
●ストーリー:★★★★★
●総評価:★★★★★


傑作。

とんでもねえ・・・何という映画を創り出したんだピーター・ジャクソンは!!!!(((;゚Д゚)))
ごめんなさい・・・(ハリポタの公演とかぶってたから)「は?指輪物語?ハリポタのがいいに決まってんじゃん!」とかぬかしてごめんなさい!!!!(〃゚д゚;A
完璧でした。
もう映画にこれ以上何を望む?ってくらいに完璧。非の打ち所がないとはまさにこのこと!!!
「ロード・オブ・ザ・リング 二つの塔」感想の続きを読む
別窓 | 映画・ドラマ・俳優 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| ご み 箱 か ら 見 る 世 界 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。