感情のごみ箱。音楽と映画と小旅行がオアシス。映画の評価は★=1.0、☆=0.5で5つが最高。(+は個人的趣味加算・笑)

-------- -- --:--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
2005-03-18 Fri 20:52
「キング・アーサー」感想
キング・アーサー
●キング・アーサー/King Arthur(原題)
●'04/PG-13/USA・Ireland/126 min
●監督:アントワン・フークア
●制作:ジェリー・ブラッカイマー
●キャスト:クライヴ・オーウェン/ヨアン・グリフィズ/キーラ・ナイトレイ
●映像・音楽:★★★★
●ストーリー:★★★
●総評価:★★★☆


「ロード・オブ・ザ・リング」、「トロイ」、「オーシャン・オブ・ファイアー」などなど、映画界の「流行」といえるいわゆるエピスペ(Epic Spectacle)。
その流れを間違いなく汲んだのであろうジェリー・ブラッカイマー制作=ハリウッド大作であるこの作品。
昨年の「パイレーツ・オブ・カリビアン」で多少見直しはしたものの、この人の作品は肌に合わないことが多い上にこのジャンルの作品に飽きていたこともあって、劇場には観に行かなかった。

キーラ嬢目当てで借りて観て、感想。
ランスロット(ヨアン・グリフィズ)格好ぇ~~!!(((;゚Д゚)))
キーラ嬢目当てだったのに、観終えた後はランスロットに惚れてた・・・よくあるよね(・∀・)・笑
ただ、正直、思ってたより面白かったと思う。
この人の作品にしては質素で、映像と音楽のマッチも素晴らしかったし。
以下、ネタバレありの感想。
スポンサーサイト
「キング・アーサー」感想の続きを読む
別窓 | 映画・ドラマ・俳優 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| ご み 箱 か ら 見 る 世 界 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。