感情のごみ箱。音楽と映画と小旅行がオアシス。映画の評価は★=1.0、☆=0.5で5つが最高。(+は個人的趣味加算・笑)

-------- -- --:--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
2006-06-30 Fri 23:58
たまには愚痴も。
今週もまた、仕事終わってから飲みに歌舞伎町へ(…)
あーもう何周連続だ、ああん?(`д´)=3
とは言え、今日は福岡の同期で、私と同じように東京の事務所で働いている人との飲み。
何を隠そうこの人、5月の事務所&家決め上京物語(…)の時、私が2日目に面接行った事務所で2週間前から働いてるの。だからどんなかな~って聞いてみたかったんだよね。

場所はアジアン・キッチン(ゴルトンカフェの方)。
安くて美味しいし、アルコールが甘くて薄い(笑)から大好きなお店。
名古屋でも京都でも福岡でも、一番頻繁に行ってるお店だったのです(´人`)
スポンサーサイト
たまには愚痴も。の続きを読む
別窓 | ほんの日常 | コメント:0 | トラックバック:0 |
2006-06-30 Fri 23:06
法律に関わるな
ホントに、心からそう思った正午。
もちろん法治国家である以上、法律を遵守するのは当然。
でもまっとうに生きていれば、法律に「関わる」事態に陥るなんてそうそうないのが現実だろう。
生涯法律問題の世話になることなく死ぬことができたら、それはまっとうに生きてきた証拠なんじゃないかと、今日は本当にそう思ってしまった。
法律に関わるなの続きを読む
別窓 | 仕事関係 | コメント:0 | トラックバック:0 |
2006-06-25 Sun 20:45
「決戦!バルト海 ホーンブロワー・シリーズ」

●決戦!バルト海 ホーンブロワー・シリーズ<8>
●セシル・スコット・フォレスター/高橋康邦訳
●出版日:1976.10.31(1945)
●出版社:ハヤカワ文庫NV
●評価:★★★★☆


ブッシュと目が合うと、彼はかまわず声を立てて笑い、ブッシュもまた笑い声をあわせた。
二人はまるで、いたずらがうまくいって喜びはしゃぐ小学生の二人組だった。


これは冒頭の或るくだり。
このくだりを読んだ時、私はこの作品つまりはこのシリーズを、これから一生愛すると確信した。
ホーンブロワーは戦隊司令官(Commodore)、ブッシュはノンサッチ号勅任艦長。
そんな、いわば何千何万といる海軍士官の中でもトップクラスにある二人が、ペナントがはためき礼砲が鳴り響く中、威厳を保つことをついに忘れ、笑い合い、喜び合うのだから、この瞬間に胸を打たれるなと言うほうが無理というもの。
とりわけそれが、前作「勇者の帰還」のあの過酷な逃亡劇の後だから余計に・・・。
とにかく、上手い!!!
前作の感想で言ったように、前作が「もうこれ以上読む必要はないんじゃないかと思う程に、完璧で、見事」だったし、満足だったけど、続き読んで良かったなあとホント思いました(゚∀゚)ノ

今作の特徴を一言で挙げるなら、ずばり、「政治的」。
というのも、ホーンブロワーがついにコモドーになったため、他国の要人(大佐や総督、果ては皇帝まで!!)とほとんど対等に渡り歩く羽目になったから。
何と言っても後半の、ロシア皇帝やロシア軍大佐・将軍達との絶妙な協同体制が抜群に面白くて!!!
欧州のほとんどがナポレオンに敗れていく中、いかにロシアを援護するか・・・ぶっちゃければ、どうやって味方に引き入れるか。
ホーンブロワーという海軍ならではのゾクゾクしちゃう心理戦に、ただただ感服(´人`)
父親が外交官という作者ならではの政治的・経済的な視点がたっぷり味わえる、海洋冒険小説でありながら政治史を読んでいるかのような、濃い一冊でした。
「決戦!バルト海 ホーンブロワー・シリーズ」の続きを読む
別窓 | | コメント:0 | トラックバック:0 |
2006-06-24 Sat 20:40
「カサノバ」感想
カサノバ
●カサノバ/Casanova(原題)
●'05/R/USA/108 min
●監督:ラッセ・ハルストレム
●キャスト:ヒース・レジャー/シエナ・ミラー/ジェレミー・アイアンズ
●映像・音楽:★★★★☆
●ストーリー:★★★☆
●総評価:★★★☆


先日タイズムスクエアで観てきた「カサノバ」。
イタリアの偉大なる(?!)プレイボーイ、ジャコモ・カサノバを題材にしたもの。
メガホンを執るのは、敬愛して止まないラッセ・ハルストレム監督。(「ギルバート・グレイプ」、「サイダーハウス・ルール」、「ショコラ」etc)
そして主演は大好きなあのヒース!!!
ハルストレム×ヒースと聞いて私が飛び上がって喜んだのは2年も前(苦笑)
ブロークバック・マウンテン」や「ロード・オブ・ドッグタウン」より前から待ってたよ(`д´)=3

これはハルストレム監督にしては珍しいジャンルである(?)ラヴ・ストーリー。
この監督らしく軽快で非常に素晴らしいテンポに、全編イタリアロケの超絶美しい映像美。
街のあちこちを流れる水路を渡るボートに豪華絢爛なマスカレードを観れば、それだけでこの18世紀のヴェニスにダイブしたかのような幸福が味わえること請け合い(´人`)
18世紀の欧州が好きで、単純に楽しめるラヴストーリーが好きなら劇場に行く価値はあるかと。
「カサノバ」感想の続きを読む
別窓 | 映画・ドラマ・俳優 | コメント:0 | トラックバック:0 |
2006-06-23 Fri 23:13
師弟ってもの
正しくはまだhangoverじゃないけど、明日の運命見えてるからもうhangoverでいい(´д`)ウエッ

今日は金曜。
ゆえに定時きっかりで事務所閉めて、先生と飲み&カラオケに行ってきたのです(またか・笑)
東京に来て5週間、うち3週間の金曜が飲み&カラオケってどうよ?(;´д`)
久々に飲み過ぎた・・・頭いたいー(泣)や、ホラ、いろいろ溜まってたし?

しかし実は今日、この予定さえなければ羽田に行ってた。
というのも我が恩師・O木先生が総会のため東京にいらしてて、その見送りに行きたかったから。
師弟ってものの続きを読む
別窓 | 仕事関係 | コメント:0 | トラックバック:0 |
2006-06-21 Wed 22:41
あれェ(´д`)?
Big Surprise!!!
別に競馬じゃないよ。お仕事の話だよ(笑)最近馬やってないもん。

何か今日も依頼きちゃいました(゚∀゚)ノ
しかも今日のは税理士さんからの依頼だからちょう嬉しい!!!
税理士さんとは切っても切れない仲だからウチら(笑)
やっぱり株式会社の設立の案件なんだけど、今日のは特例有限会社(会社法施行時に存在する有限会社で施行後株式会社とみなされるもの)の株式会社への移行。
つまり商号変更による株式会社の設立ってこと。
今、この案件は絶対多いよな。これからも来るだろうし、しっかり勉強しとかねば(`д´)=3

で、頑張った自分へのご褒美に今日はタイムズスクエアに「カサノバ」観に行っちゃった。
ヒース格好いいよ~~(´人`)詳しい感想はまた後ほど。
別窓 | 仕事関係 | コメント:0 | トラックバック:0 |
2006-06-20 Tue 21:30
「先生」と呼ばれた日
あー・・・なんかとうとうここまで来たかって感じ。
感無量っての?(いやそーでもないけど・笑)

ついに今日は初の(自分の)依頼者との初面談(゚∀゚)ノ
地元の同期の子・N田さんからの紹介で、(株式)会社の設立のご依頼・・・。

ぶっちゃけ朝からちょうドキドキ(;´д`)

連日の睡眠超絶不足にも関わらず昨日眠れなかったのは、きっと内心興奮してたからに違いない(笑)
昨日の電話での打ち合わせで、10時にこちらの事務所に来ていただくことになってたから、朝からセンセと会社法の復習(笑)しながら待ってました。
依頼者(=発起人)さんがあまり私と年が変わらないからちょっと安心した(*´Д`)=зホッ
当然だけど1から会社の設立に関わるのは初めて。
つまり設立の最中はもちろん、設立後も私がその会社をバックアップ(支援?)していくわけで。もちろん税務関係は税理士さんと組んでいくけど、やっぱり責任重大。

実は大学時代、友人達とベンチャーを始めようとしたことがあった。
その言い出したヤツは今、本当にここ東京で(しかも方南町・笑)起業してやってる。
その私が、自分で起業するんじゃなくて、起業しようとする人を影で支援することになるなんて・・・。
やっぱり人生って分からないもんだ。でもだから、楽しい(*´ー`*)

午後は地裁に訴状出しに霞ヶ関へ。
暑くてお気に入りの服に汗付くし化粧落ちるしイヤだったけど、それでも何だか楽しいなと、そう思えたのは、きっといい兆しなんだろうな。
小さなことだけど、帰りに家の近くのドトールで、クロックムッシュ(大好きvv)とカフェモカをテイクアウトして帰るだけで幸せを感じることができる。
こういう瞬間を感じることができるように、腐らないで生きていきたい。
ついに「先生」と呼ばれたこの日。
私はきっと、一生今日を忘れない。
別窓 | 仕事関係 | コメント:2 | トラックバック:0 |
2006-06-18 Sun 22:02
観たい映画
観たい映画(と海外ドラマ)を期待度順に。
・LOST
・カサノバ
・パイレーツ・オブ・カリビアン2
・デスノート
・ブレイブ・ストーリー
・ポセイドン

うーん、何か私らしくないラインナップ(笑)
とりわけハルストレム監督とヒースの「カサノバ」は何年待ってたと思うんだコノヤローって感じだから楽しみでならない。ヒースはやっぱりコスチューム似合うなあvv
それからドラマだけど「LOST」がちょう楽しみ!!!(21日からレンタル開始!!)
海外ドラマで一等お気に入りなのは「トゥルー・コーリング」と「ホーンブロワー」。
でもこの「LOST」も凄く期待してるのです。トレイラー観たら惹かれちゃった。
エミー賞採ってんのねコレ。「ホーンブロワー」と同じ賞採ってるってのが期待度を増すよね(゚∀゚)ノ
え、「プリズン・ブレイク」?
・・・どうにも惹かれないのは何故だろう?(;´д`)←たぶんCMのせい・笑
別窓 | ほんの日常 | コメント:0 | トラックバック:0 |
2006-06-17 Sat 23:41
ウーマンズ・アイランド
ってドラマがあったのをご存じでしょうか?
マキアージュの、主演に篠原涼子、栗山千明、井川遥、中越典子を据えた汐留を舞台にしたドラマ。
前に友達の家で見せてもらったんだけど、何だか今日の集まりは「ウーマンズ・アイランド」を感じる集まりだったなあ、と(笑)
ウーマンズ・アイランドの続きを読む
別窓 | ほんの日常 | コメント:0 | トラックバック:0 |
2006-06-16 Fri 23:58
来た・・・?!!!
キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!!!!!

府中支局へ登記申請に行った帰り。
つ、ついに携帯に依頼の電話が・・・?!!!!!
というのも、実は先日、地元の同期の子から「東京の書士を紹介してほしいって人がいるから、Yさん紹介していい?」と言われてて、もちろんOKしといたんだけど・・・。

まさかホントに来るとは(笑)

守秘義務のため(笑)詳細は言えないけど、会社設立の相談依頼。
会社法の全面改正で資本金1円でも株式会社が設立できるようになった(*旧法下では株式1000万、有限300万の最低資本金制度があった)から、会社の設立をやるなら今ってのは確か。
何だかおもしろそうな会社(芸能プロダクションだそうだ・笑)なので面談が楽しみです(´人`)
別窓 | 仕事関係 | コメント:0 | トラックバック:0 |
2006-06-16 Fri 23:42
今週ダイジェスト(笑)
ハイ、早いもので今週も終わり。
昨日で今の事務所で働き始めてちょうど一ヶ月だったわけですが・・・。

は、早かった・・・!!!!(((;゚Д゚)))ブルブル

ホントにアッ?!Σ(゚Д゚ )っと言う間の一ヶ月。一体成長したのか微妙でならない一ヶ月(笑…えねぇ!!)
ただ、確実に実務に慣れたなあと思うし、いよいよ登録・入会式も終わって、本格的に走り出せたという実感はある。例のバッジももらったしね(笑)
バッジ

↑お値段6,500円。高いよ;;

地裁も簡裁も何回も行ったし、実際に地裁の裁判に行ったりもした。都内・隣接県の法務局もいっぱい行ったし、立会もやった。

・・・うーん、考えてみるとかなりハードな一ヶ月だった気がする(*´Д`)=з

充実して目まぐるしい変化の中にいると、あまりに周りのスピードが速すぎて目で追えないんだよね。
だからあまりその日のことを覚えてなくて、気が付けば一週間経ってたってのが最近の常。
法律家としての意識も高まったし、仕事が楽しいと思えるようになった。

でも疲れたのが本音(-"-;)

ミスなんてのは断じて許されない世界だから。人の権利を扱うってのはそういうこと。
いきなり住む場所も職場も対人関係も何もかもが変わった一ヶ月。
気を張って気を張って来たけど、やっと気を抜けるようになったせいか、ついに風邪を引いたらしい(苦笑)喉イタイ(・∀・)

明日は大学時代の女友達で、東京で働いてる子ら6人で飲み会(´人`)
ああもうちょう楽しみ~♪
別窓 | 仕事関係 | コメント:0 | トラックバック:0 |
2006-06-07 Wed 13:20
イエイ(*^ー^)人(^∀^*)ノ
本日付でついに、連合会の名簿に登録されましたー!!!!
これでやっと堂々と肩書きを付せるし、自分の名で仕事ができるわけだ(´人`)

にしても、書士会の事務局から電話で「Y先生」と「先生」付されて呼ばれたのには仰天したΣ(゚Д゚ )
・・・そっか、今日付で「先生」呼ばれる身分になったんか・・・。

・・・こ、怖ぇぇぇ!!!!!!(((;゚Д゚)))

私が先生?!!!や、そーなんだろうけど違和感が・・・;;
嬉しさより恐ろしさの方が先に立つなんて、想定の範囲外(古!!)だぞ?(;´д`)ヒイッ
別窓 | 仕事関係 | コメント:2 | トラックバック:0 |
2006-06-03 Sat 23:36
I'm Lieutenant!!
ふと、気が付いた。

私はLieutenantなんだ、と。

MidshipmanでもActing Lieutenantでもなく、ましてやCommanderなどありえない。

いつかCommanderになることを、自分の艦を持つことを夢見る、大海に出たばかりのLieutenant。

それが、今の私のまさに立場だ。

もっとも、同期の誰もが――もっと先任のLieutenant達だって――同じ事を思っているに違いないけど。

士業で”一旗揚げる”のは、まさに海上で”一旗揚げる”意と同じなのだと、今更ながら気が付いた。
I'm Lieutenant!!の続きを読む
別窓 | モノローグ | コメント:2 | トラックバック:0 |
| ご み 箱 か ら 見 る 世 界 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。