感情のごみ箱。音楽と映画と小旅行がオアシス。映画の評価は★=1.0、☆=0.5で5つが最高。(+は個人的趣味加算・笑)

-------- -- --:--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
2006-11-29 Wed 23:35
これってdestiny?!Σ(゚Д゚ )
月末は毎月忙しいけど、今日もお仕事は絶好調に忙しかったです(・∀・)

あ、タイトルすっげ古くてすみせん痛い子です自分。
というもの、帰ってテレビ点けたら「2006 ベストアーティスト」という番組やってましてね。
山P出るってのは知ってた(←why?!Σ(゚Д゚ ))けど、まさか点けた次の瞬間に出るとは誰が予想しようか?!
『さあ、次は3アーティストまとめてご紹介しましょう。
山下智久さん、KAT-TUN、タッキー&翼さんです!!』


Σ(゚Д゚ )ハア?!!

コーヒーを煎れようと持ってたケトルを持ったまま、テレビの前にダッシュ。
黒髪Pに思わずキタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!!!!!ってなったね(お前何歳だコノヤロウ
うわ~ん、横アリ昨日行った(*正しくは通った)のにィ~~!!(ノд`)゜
明日もまた川崎行かなきゃならないけど、いっそ新横浜まで行ってやろうかと思った21時。
スポンサーサイト
別窓 | ほんの日常 | コメント:0 | トラックバック:0 |
2006-11-18 Sat 19:11
元カレってやつ
昨日、仕事終わってから某税理士さんと六本木ヒルズに遊びに行ってた時のこと。
時間にして午後10時過ぎ。
来年からこのヒルズの某法律事務所に、大学の友人Yが入るのかと思うと、ちょっぴり(つかかなり?)不穏な感情に苛まれてみたり、メラメラとやる気出たり(・∀・)
そんな中、元カレから急に電話が入ったのですΣ(゚Д゚ )

「明日か明後日、暇?民法教えて~

・・・だって( Д )ポカーン
別れ方が別れ方だったもんだから、卒業以来連絡とってなかったんだけどなァ。
そりゃみんなで飲む時に会ったり話したりしてたし、私的には卒業式の日でもう気持ちも清算できたから、ただの友達として付き合うのに問題はなかったわけだけど。
自分がまだわだかまり残してるくせ、よく二人で会う気になったなK田よ(笑)
というツッコミはさせといて(笑)

さて、聞きたいというのは民法の債権総論の分野でした。
具体的に言えば債権の二重譲渡の対抗問題。
テキストとか見なくてもこのくらいの問題なら、別に難なく解けたことに自分で安心(←ヲイ)
何かすっごい感動(?!)してくれて、法律のことで頼ってもらえたことが嬉しかったまあ法律家ですからね、これでも!!!(笑)
別窓 | ほんの日常 | コメント:0 | トラックバック:0 |
2006-11-11 Sat 00:43
「デスノート the Last name」感想
デスノート
●デスノート the Last name
●'06/JPN/140 min
●監督:金子修介
●キャスト:藤原竜也/松山ケンイチ/戸田恵梨香/片瀬那奈
●映像・音楽:★★★☆
●ストーリー:★★★☆
●総評価:★★★☆


まず最初に断っときます。私、前作観てません(・∀・)
最後に劇場で邦画を観たのは、5年前(?)の「バトルロワイアル 特別編」(笑)
滅多な事じゃ邦画NG(=観ない)だけど、原作が好きだったし、前評判が良かったし得意先の税理士さんに誘われたしで、お台場まで観に行きました。

ア、ア、ア・・・アングリー?!!!!(((;゚Д゚)))

何が一番びっくりしたって、ミサミサの部屋に大量にいたアングリーハングリーにびっくりした!!か、可愛いーーー!!!(〃゚д゚;Aハアハア
ご存じだろうか、このアングリーとハングリーというキャラを?!
これは去年の冬、h.NAOTOが出したちょっとシュールな人形で、一体買えばh.NAOTOで売ってる服で着せ替えできちゃうスグレモノなの
去年のクリスマスに、彼氏に贈ったのがこのアングリーちゃん人形と、アングリー&ハングリーのピアスだったんで、ミサミサの部屋見てすっごい嬉しかったv
アングリーハングリー&アングリー


ちなみにこいつらは、裏原宿のh.NAOTO路面店HEAVENにたくさんいますよ

と、まあ映画とあまり関係ない感想はこのへんにしといて、映画の感想を。(ネタバレあり)
「デスノート the Last name」感想の続きを読む
別窓 | 映画・ドラマ・俳優 | コメント:0 | トラックバック:0 |
2006-11-10 Fri 21:41
「ロード・オブ・ドッグタウン」感想
ロード・オブ・ドッグタウン
●ロード・オブ・ドッグタウン/Lords of Dogtown(原題)
●'05/PG-13/USA・Germany/107 min
●監督:キャサリン・ハードウィック●脚本:ステイシー・ペラルタ
●キャスト:エミール・ハーシュ/ヴィクター・ラサック/ジョン・ロビンソン/ヒース・レジャー
●映像・音楽:★★★★
●ストーリー:★★★
●総評価:★★★★


うーーん、好きだコレ(゚∀゚)ノ
まるでロード・ムービーのような、流れる雰囲気を持つ青春映画とでも言おうか。
スケートボードを”お遊び”からポップカルチャーにまで昇華させた、70年代に実在した”Z-BOYS”。
その当初からのメンバーであるジェイ・トニー・ステイシー、3人の少年達を描いた実話に基づく話が、この作品。
実際、ステイシーはこの作品に脚本として参加してる。
スケーティングに興味もない私だったけど、少年時代に誰もが抱く正体不明の怒りや鬱屈をスケーティングで昇華する3人を見ているのは、正直、胸がスカッとするものがあった。

海のある、寂れ廃れたアメリカ西海岸の街、通称ドッグタウン。
彼らは、まるで胸のうちに燻る遣り場のない怒りと情熱をぶつけるかのように、ただひらすらステーティングに明け暮れた。
そんな彼らの転機が、溜まり場のサーフショップのオーナー・スキップによる”Z-BOYS”の結成。
それがポップカルチャーであれサブカルチャーであれ、新しい文化が生まれる瞬間とは、一つの歴史が生まれる瞬間だと思う。
少年3人の演技、それからスキップ役のヒースの堂に入った演技で、ドキュメンタリーのようなリアルさをこの映画は手に入れている。決して「泣ける」話じゃないのに、Z-BOYSの葛藤はどこにでも転がっているものだから、妙に共感して、泣けた。

にしても相変わらずヒース格好いい~~
結局そこかよ!!って感じだけど、ホント金髪ぼっさぼさのだらしない格好がこんなに格好良くきまるなんて、ヒース並の存在感なきゃ無理だったね(* ̄m ̄)
何か2回、3回と観たくなる不思議な青春(ロード)ムービー。そういうの好きな方は、是非。
別窓 | 映画・ドラマ・俳優 | コメント:0 | トラックバック:0 |
2006-11-09 Thu 21:19
法廷に立った日
川崎簡裁、午前10時。
一旦事務所に出勤してからでは間に合わないため、今日は朝から裁判所へ直行。
川崎はよく遊びに行っているけど、朝の通勤時間に行ったことはないし、ましてや自分の法廷デビューの日・・・何だか見慣れた川崎駅の景色が違ってみえた。

そう、いよいよ来た法廷デビューこの日!!!!

9月に簡裁代理権を取得してまだ2ヶ月。
こんなにも早く、こうして訴訟代理人として法廷に立つ日が来ようとは・・・。
うちの事務所は確かに非常に裁判業務が多い。
それも、地裁や高裁案件が多いから、もっぱら本人訴訟の援助という形で、訴状作成や準備書面の作成、その他裁判事務についてはたくさんやってきた。
でも「訴訟代理人」として代理業務をするのは初めてで。
バッジを身につけ、法廷に入り、呼ばれるのを待つこと5分。

「原告側、Y代理人お入り下さい」

書記官からそう呼ばれた瞬間、同期の仲間と過ごしたホテルでの100時間の研修――在りし日の特別研修の日々が脳裏にフラッシュバックした。
でもこれは、あの時の模擬裁判とは違う。
これは、本当の裁判なのだ。
原告の代理人として、原告の権利保護のために行う、本当の裁判なのだ――。
なーんて真面目なことは一切頭に浮かばず、ただ興奮と昂揚で頭が冴えまくってただけなのが私かな(・∀・)

単純だけど、本当に何か感無量だった
「あー、私、今、すっげ法律家じゃん!!」と思うと、思わず顔がニヤニヤ(´人`)
だったら弁護士になってればよかったって話かもしれないけど、それが弁護士じゃないから面白いのよ(笑)
うーん、でも、弁護士じゃないんだよな、なりたいのは。
司法試験受けるとしたら、それは検事になりたいからってことになるから。
ロースクール導入されてなきゃまだ楽だったんだけどなこの仕事しながら現行法で合格できる期間内に合格するのはちょっと厳しい気がする;;
別窓 | 仕事関係 | コメント:0 | トラックバック:0 |
2006-11-08 Wed 23:08
メモ2
何だこのヤル気ナッシングなタイトルの連続は( д )ポカン
時間がないよーないよー書きたいこといっぱいあるのに!!!
今日もホストクラブのオーナーの会社設立のため歌舞伎町の真ん中にスーツで乗り込んだとかさ(笑)

さて、明日は私の初舞台。
訴訟代理人として法廷に立ちます・・・!!!!
あああついに・・・!!!緊張するうう~~~!!!
処刑人みたく銃ぶっ放せたらいいのに・・・!!!(笑)
別窓 | 未分類 | コメント:1 | トラックバック:0 |
2006-11-05 Sun 22:18
Can you celebrate?
Congratulations!!!!!(*^ー^)人(^∀^*)ノ

Aんちゃん、F永君、結婚オメデトウ!!!!!!
ああっと、もう「Aんちゃん」て呼んじゃダメなのか・・・。
呼び慣れた名で呼べなくなるのは寂しいけれど、あまりにも輝かしい二人の姿を見ていると、自然と新しい名前で呼べそうな気がしたよ。

そう、今日は我らが同期仲間の2人の結婚式。
29人という数少ない同期の合格者として出逢い、惹かれ合い、そして結婚したふたり。
何て偶然!!
何てミラクル!!!
ホント、あの同期の仲間はみんな素晴らしくて、「今年合格して良かった!!」と心から思えたけど、その中でもきっと、一番素晴らしい出逢いだったに違いないね
実は私は、友人の披露宴に参加するのはこれが初めて。
披露宴デビューが二人のそれであることを、心から誇りに思うよ

新婦も新郎も司法書士ということもあって、会場は見渡すばかり司法書士ばかり(笑)
その中でもなにが驚いたって、我が師・O木先生が参加してたってこと!!Σ(゚Д゚ )
だ、誰か教えててよーーー
半年ぶりにお会いするってのに、何こんな真っ赤なベロアのドレス着てんの私?!(((;゚Д゚)))ハズカシー
そうそう、同期の仲間もほとんど来てたから、プチ同窓会みたいでした(笑)
祥テーブル
みんなで”シェー”ポーズ(…)

ちなみに、私は真ん中のメインテーブル席に座ってたんだけど、テーブル毎にくじ引きでポーズ撮って写真撮影ってのがありまして。
うちのテーブルは「シェー」(…)「アイーン」に次ぐハズレ(・∀・)
え、誰が引いたって?そりゃ、もちろんT田さんです(ニッコリ)

新郎新婦と

赤いドレスが私。和装がAちゃん、隣がMリー。
このパープルのドレス姿、ホントにAんちゃんに良く似合ってて感激しちゃった

真面目に討論したり、模擬裁判の準備したり、飲んだり遊んだり、そういった姿ばかり見てきた二人。
その二人が、和装を纏い、入場してきた瞬間、思わず涙が出たのは秘密です。
本当にオメデトウ。月並みだけど、これからも末永くお幸せに
別窓 | ほんの日常 | コメント:0 | トラックバック:0 |
2006-11-04 Sat 22:01
Can You Keep a Secret?
帰省2日目。
本日は午後から、高校&浪人時代の親友ゆみかんとデート
彼女はホントびっくりするくらいの美人なのに、どっかぶっ飛んでて面白い人なのだ。
例えば。
すっごいスラリと細くて顔もちょうキレイ、歩けば儚げオーラをまき散らす。
しかしその実、チャリで日本回るわ駅構内を宿にするわ、とにかくやることなすこと「うわっ、コレ真似できねえ!!Σ(゚Д゚ )」って感じで、ホント大好きなのです(´人`)
大学時代に何回か京都の家に遊びに来ても、くれた人。
その彼女と、一番(?)懐かしい高校最寄りの駅で待ち合わせ。
(ただ、何が一番ビックリしたって、その駅で偶然心太と出会ったことにビビッた・笑)

向かった先は、これも懐かしいストロベリー・フィールズ

しばし懐かしのお店でくつろぐ私ら。
ああ、それにしてもホント、相変わらずちょうキレイ~(*´Д`*)ハアハア
私はてっきり、もう臨床心理士になって働いてるかと思ってたんだけど、何と博士課程(ドクター)に進んでいたらしい( д )ポカーン
イヤイヤイヤ、き い て ま せ ん か ら !!!(笑)
ドクターまでとは言わなくても、実は少しだけ修士課程(マスター)には行きたい思いがあったから、学問の道を悠々歩いている彼女をちょっと羨ましく思ったり・・・ね。

でも、この日一番驚いたのは、実はそんなことじゃない。
この日、私は、久しく忘れていた「感動」に心をガツーンと揺さぶられたのです。
Can You Keep a Secret?の続きを読む
別窓 | ほんの日常 | コメント:0 | トラックバック:0 |
2006-11-03 Fri 00:02
会社法のススメ
うーん、やっぱり会社法って結構便利になったのかもしんない。
設立が簡単になったのは誰しも知るところだろうし、事実そうだけど、その他の点でもかなり楽になった気がする。(少なくとも登記の面からはそう。)

というのも、今日、管轄外への本店移転の依頼で議事録を作成しまして。
旧商法時代は、定款変更の株主総会→具体的な場所と日にちを決める取締役会。
この2つの議事録の添付が必要だった。
そもそもまず、旧法下じゃ議事録の作成も面倒だったのがある
事実上一人でやってる会社でも、監査役は必要的、取締役は3人必要。
取締役会議事録には出席取締役及び監査役の記名押印が必要であり、したがって、そのような会社では非常に面倒だったのがお分かり頂けるはず。
さらに、この本店移転の具体的な決定は、取締役会の専権決議事項でもあった。
面倒な書面を作成しなきゃならないわけだから、ホント本店移転も大変(`д´)=3

ところが会社法では、本店移転のこの決議は取締役会の専権決議事項から外れた。
そもそも株主総会でほとんどのことが決議できることを基本とした会社法だから、取締役会設置会社であっても、この決議を全て株主総会でできるようになったわけです(゚∀゚)ノ
で、株主総会議事録の作成は、会社法で非常に作成が楽になりまして(笑)
作成者(ほとんどの場合代取)の記名押印でOKなんだもん、こりゃ楽だよね。
特に前記したような、事実上の一人会社ではね。
ゆえに、このような会社は一旦はお金がかかっても、後の便宜を考えて取締役会と監査役の設置のそれぞれを廃止して、取締役1人の会社にするケースが増えてます。
こちらからそうアドバイスすることもあるし。

とは言え、まだまだ勉強が全然追いついてない会社法
この連休を利用して・・・とか格好いいこと言いたいけど、実家に帰るし絶対無理だわ(・∀・)
別窓 | 仕事関係 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| ご み 箱 か ら 見 る 世 界 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。