感情のごみ箱。音楽と映画と小旅行がオアシス。映画の評価は★=1.0、☆=0.5で5つが最高。(+は個人的趣味加算・笑)

-------- -- --:--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
2008-08-24 Sun 19:02
「プレステージ」感想
プレステージ
●プレステージ/The Prestige(原題)
●'06/PG-13/USA・UK/130 min
●監督:クリストファー・ノーラン
●キャスト:ヒュー・ジャックマン/クリスチャン・ベール/マイケル・ケイン/スカーレット・ヨハンソン
●映像・音楽:★★★☆
●ストーリー:★★★★
●総評価:★★★★


マジックは3つのパートで成り立っている。
最初のパートは「確認」。何でもない物を見せる。
2番目は「展開」。その何でもない物で、驚くことをしてみせる。
どんなマジックにも3番目がある。
それが最も難しい。
人はそれを「偉業(プレステージ)」と呼ぶ。


2人のマジシャンがいる。
1人は”偉大なるダンカン”ことロバート・アンジャー。派手好きで、魅せることに長けた若き野心家。
もう1人は”教授”ことアルフレッド・ボーデン。地味だが発想は抜群で、あらゆる面で抜かりのない男。
元は同じマジシャンの助手であり友人同士でもあったこの2人が、ある事件をきっかけに、お互いを憎み、妬み、傷つけ合っていきながら頂点を目指していくという、暗~い人間ドラマであり、サスペンス。

まず、クリストファー・ノーラン、恐るべし…!!!!
ある映画があって、その映画のカラーを最終的に決めるのは、役者でも演出でも脚本でもなく監督だ。
それは、「あの役者が出ているから見る」のと同じように、「あの監督作品だから見る」ということはあっても、「あの役者が出ているから見ない」のはないのに、「あの監督作品だから見ない」ということが、大いにあり得ることからも言えると思う。
その監督の感性と合うかどうか――これが、映画を気に入るかそうでないかの違いにもなる。
そこにきてこのクリス・ノーラン監督…うーん、ヤバイ。この監督、すごく好み
この監督は「メメント」の監督でもあり、この作品を観たことがある人なら、その時系列の見事なまでの錯綜っぷりに舌を巻いたことだと思う。
あれは流石にやり過ぎだったかもしれないけれど、その手腕は相変わらず。
この作品でも、しょぱなから時系列が飛ぶ、飛ぶ(笑)
しかしメメントのように錯綜しているのではなく、必要な時に最小限に持ってきているだけで分かり易い。
サスペンスにはこういった時系列イジりは欠かせない。
最後まで見終わった後で、もう一度冒頭を見ると、「ああ!」と繋がることが何と多いことか…。
でもこの時系列イジりは、綿密に練られた脚本があって初めて価値が出るもの。
破綻した脚本で時系列なんてイジると、それはもう目も当てられない自己満足作品の出来上がり(・∀・)
つまり、この作品、脚本も良いのだ。
やっぱり脚本にもクリスとジョナサン・ノーランの兄弟コンビの素晴らしさが出ている、そういうこと

この2人はハタから見れば「狂人」なんだろう。
マジックに取り憑かれた、日々の生活を奇術のために犠牲にして生きる「狂人」。
妻も子供も、自分を助けてくれる相手も全て、犠牲の対象になってしまう。
そしてそうなったのは全て、相手への嫉妬から。
嫉妬・妬み・嫉み・羨望・憎しみ…これら負の感情の究極はあっさり人を狂わす。
うーん、何と恐ろしいことだろう。
ノーラン監督ってば、この静かな「狂気」や「嫉妬」の描き方がまた秀逸でたまらない。美しくも残酷でダークな映画を撮らせたら、右に出る者はいないんじゃないだろうか。
そしてその2人を、ヒューとチャンベール(笑)がこれまた上手く演じてるわけですよ
ヒューは「X-MEN」、ベールは「バットマン」と、それぞれアメコミのヒーローを演じてるってのも面白いキャスティングだと思う。
スカーレットは派手なイメージがあって、ノーラン作品には合わないかと思ったらとんでもない!!!
マジシャンのショーガールにはむしろこの華やかさがぴったり。

残念なのが音楽かな。
まあ派手な音楽はいらない作品だけど、もうちょっと効果的に音楽を流して欲しかった。
ダークで美しい世界観なだけに、もうちょっとその世界を音楽で盛り上げられたと思うんだよね。特に、奇術のシーンとか。そういう派手な舞台なんだから。

ちなみに、ボーデンが銃弾マジックで指を失ったときに、観客が笑うのがちょっとリアルで怖かった。
リアルだよー、あれ。酔っ払いの集団て、血を見て叫ぶどころかケラケラ笑うからね(;´д`)
ラストの、本当の「タネ明かし」も私は好き。全く読めなかった。
「シークレット・ウィンドウ」でさえ、本編始まる前にオチが読めたというのに(笑)
冒頭の「確認」「展開」「偉業(プレステージ)」――これが、作品全体にも成り立っていたのはお見事。
スポンサーサイト
別窓 | 映画・ドラマ・俳優 | コメント:0 | トラックバック:0 |
2008-08-24 Sun 17:03
「ノーカントリー」感想

●ノーカントリー/No Country for Old Men(原題)
●'07/R/USA/122 min
●監督:ジョエル・コーエン
●キャスト:トミー・リー・ジョーンズ/ハビエル・バルデム/ジョシュ・ブローリン
●映像・音楽:★★☆
●ストーリー:★★☆
●総評価:★★☆


ご存じ、本年度オスカーを受賞した作品。
正直、「どうしてこれが(作品賞)?」と疑問を感じざるをえないくらい、面白くなかった。
いやいや、一応オスカーだし、もっと歯に衣着せて「肌に合わなかった」とでも言っておこう(笑)
80年代テキサスを舞台に、偶然麻薬取引に用意された大金を手にした男と、それを追う殺し屋、そして事件解決に乗り出した保安官の、3人の男達の物語。
どうして今更これを観ようと思ったかと言えば、この殺し屋アントン・シガーの名が、「ダークナイト」のジョーカーに対する感想で度々出てきたから(笑)
ついでに淡々とした乾いた作品は結構好きだし、観てみようと。
だけど、ねえ…。

確かにハビエル・バルデム演じる殺し屋アントンは、なかなか不気味で怖い。
愛嬌の欠片もなく無口で冷徹、自分に対しても冷酷。
脂ぎった肩まである黒い髪が余計に不気味さを際立たせている。
でも悪いけど、ジョーカーを観た後じゃ、やってることがあまりに小者すぎて物足りない(笑)
足がつかないからといってどうして高圧ボンベの必要があったのか?
この殺し方は初めて見たけど、あんなデカイもの抱えてたんじゃ暗殺には向かんだろう;;それでも見事にやってのけるのが、アントンなんだけど。
トミー・リー演じる保安官は、何だか乾いた街の疲れた保安官って感じが良く出ていてハマリ役。
キャスティングだけは良かった。

ところでこの映画の決定的に肌に合わないところが、音楽が一切ないところ。
私は、映像と音楽のコラボが楽しめるのが映画の最大の魅力の1つだと思ってる。
わざわざ「映画館」だなんて、それを上映するためだけに、それを楽しむためだけに立派な劇場が作られのは、映画が映像と音楽を融合させた芸術で、それに耐えうる施設が必要だから。
なのにその映画から、音楽という大切な要素を一切取ってしまうなんて…。
確かにこの映画に派手な音楽はいらないだろう。
でもそういう映画は、ちょっと私の好みではないのよね…。

ストーリーも、「偶然大金を手にして、危ないと知りつつ奪った男」と「金が絶対で、その男を狙う殺し屋」、そして「事件と殺し屋を追う保安官」を3つの視点から淡々と追うだけで、何も伝わってこないし、感じることも特にない。
だからと言って、頭をカラにして楽しむというものでもない。
じゃ、どうやってこの映画を楽しめと?(笑)
ロード・オブ・ザ・リング」がオスカーに輝いて以降、な~~んかオスカーを採る作品の基準がイマイチな気がする。(「クラッシュ」は納得だけど。)
まあ、審査員が爺さんばっかだから仕方ないのか
別窓 | 映画・ドラマ・俳優 | コメント:0 | トラックバック:0 |
2008-08-16 Sat 03:37
ハリポタ6・7巻感想
泣 い た … !!!(つД`)・゚・。・゚゚・*

6巻は訳本が出るのを待てず、原書(US版)を発売日に買って読破。
ネタバレできず一人苦しむも、「きっと私の訳し方が悪かったんだ!」「そんなバカなことあるわけない!」とひたすら事実を否定していたあの頃(何
先日、友人から6巻と7巻の訳本を貸してもらいまして。
もうね…(何か言うとネタバレになるから控えるけど…!!)とにかく救われたよ私!!!!!(泣)
とにかくうっかり泣かされました(ノд`)゜なんかね、これを読んで何か考えるとか影響されるとか、そんなものは一切ないんだけど、1本の物語として結局最期まで楽しめたな~と。
これ以上はネタバレになるので隠します。
6・7巻まとめてネタバレてるんで、未読の人はご注意を(マジで
ハリポタ6・7巻感想の続きを読む
別窓 | | コメント:2 | トラックバック:0 |
2008-08-09 Sat 22:17
映画とはかくありき
いよいよ本日、「ダークナイト」公開!!!
先週の土日に先行で観て以来、もうとにかく早くもう1回観たくて観たくて、今週はそればっか考えてた

混んでるとは思いつつ、彼と六本木のTOHOへ。
大きなスクリーンが超満員で、前から3列目という最悪な席にvitを使わなかったことを激しく後悔(;´д`)
みなさん、土日はvit使いましょう。←vitも混んでたけどな(・∀・)

さて、内容はもう言わずもがな。
本国では公開から既に1ヶ月が経過したにも関わらず、IMDbの評価が9.2という歴代1位を未だに記録。
荒れやすくロクな評価のないyahooレビューでも、4.64という評価を記録し、レビューも熱い。
Rotten Tomatoesでも94%の支持率をキープ…。
そして方々の評価でも軒並み、びっくりするほどの高評価(特に本国の評価が熱い
ほんと、凄まじい作品ですよコレは(*´Д`*)
そして今日、何が嬉しかったって、エンドロールで盛大な拍手喝采があったこと!!!!!
わざわざ映画館まで足を運んで安くはない金払って、1本の作品に感動して拍手がわき起こって…。
いや~、もう「映画とはかくありき」だと感無量でした(ノд`)゜

そういえばナースジョーカーの名札、「マチルダ」確認できず…←結構凝視したのに
別窓 | ほんの日常 | コメント:0 | トラックバック:0 |
2008-08-06 Wed 23:25
YouBuyNow.com
あ~…買っちゃったよ~
国内で見つけられなくて(あってもout of stock(・∀・))、久々に本国からお買い物しちまったよ~
送料すげー高いんだよ~…商品より送料のが高いって何だよ~(;´д`)
EMS、香港までなら900円なのに何だよ$41って高いよ高すぎるよ←結局EMS止めたチキン
どうせなら2枚くらい買っときゃ良かったかな(ボソッ

も~自分jokerにすっかり参ってます(;´д`)
YBN使ったのも、全てjoker様のあの"Why so Serious?"T-shirtが欲しくて×∞たまらなかったせい。
さらに、今日レディースデーだからって、うっかり映画館行ってしまうとこだった…ダークナイトを観に。
いやまだ公開してねっつの
どんだけ~

長年映画ファンやってきたけど、ダークナイトは、本当に10年…むしろ数十年に1度出るか出ないかの大傑作だと思う(断言)うっかり★追加だよチクショウ。
うー、これ絶対IMAXで観たいよぉぉ日本ってIMAXの劇場あるの?
別窓 | ほんの日常 | コメント:0 | トラックバック:0 |
2008-08-02 Sat 23:38
「ダークナイト」感想
ダークナイト
●ダークナイト/The Dark Knight(原題)
●'08/PG-13/USA/152 min
●監督・脚本:クリストファー・ノーラン
●キャスト:クリスチャン・ベール/ヒース・レジャー/アーロン・エッカート/マギー・ギレンホール/ゲイリー・オールドマン/マイケル・ケイン/モーガン・フリーマン
●映像・音楽:★★★★☆
●ストーリー:★★★★★
●総評価:★★★★★+★


”最強 最狂 最凶”
”この夏、あなたは史上最凶の"ジョーカー"を引く! ”


一言で言おう、大傑作!!!
これは凄い…!!!本当に、(テーマが好みってのもあるのだろうけど)全てにおいて度肝を抜かれた。
そもそもアメコミ系ヒーローには興味がなく、ただスパイダーマンシリーズはそれなりに好きだし、デアデビルもなかなか好きだった。でもそれだけであり、「バットマン」だから観に行こうなんてものは一切なく。
単にヒース・レジャーの遺作だから観るしかない、とそれだけだった。
しかしまあ、何とも面白いこと、面白いこと
冒頭6分でこの映画の凄まじいまでの素晴らしさが分かるハズ…!!
マフィアが牛耳り、犯罪が日常茶飯事の街ゴッサム・シティを舞台に繰り広げられる、「結局、人間は善か悪か」を賭けた恐怖のサバイバルゲーム・・・
仕掛け人は究極の悪・ジョーカー。
ゲームの参加者はゴッサムの3000万人の市民。
ゲームマスターは皮肉にも、二人の騎士達――"Dark Knight"バットマンと"White Knight"デント。
ヒーローもので、(超自然的な力はないにしても)超人的な力を持つ主人公を置きながら、このリアリティに満ちた世界観は何なんだろう?
ストーリーが完璧なので、それをとやかく説明するのは野暮。
これはとにかく「是非観てくれ!!面白いから!!!」そう言うより他ない作品です(;^ω^)

ちなみにプログラムのイントロダクションに次のような一文がある。(以下引用)
”「羊たちの沈黙」のレクター博士、「スター・ウォーズ」シリーズのダース・ベイダーなど、スクリーンで主役を食い尽くすほどの強烈なインパクトを放ち、後々まで語り継がれている悪役たち。
ヒースのジョーカーも、間違いなくその名を映画史に永遠に刻むことになるだろう。”

これが、まさに。
この作品のバットマンもデントも非常に魅力的(特にデントは本当に素晴らしい!!)なんだけど、ジョーカーが出てくると、どうしても存在がジョーカーの前に揺らいでしまう。
耳まで裂け、真っ赤に塗った口に真っ黒に塗った目、そして指で白く塗った顔はピエロさながらで、もちろんそのルックスがまず目を惹くのは当然として、ただ立っているだけでゾッとしてしまう程の存在感ときたら…。
顔が見えない後ろ姿しか映っていないのに、その後ろ姿だけでもゾクゾク。
かと思えばナース服(メイクはそのままw)を着て登場して、ちょっとキュート?なところを魅せたり(笑)
たった一人の狂人によって、街がパニック状態になるなんて・・・。
そう問われれば「まさか?」と思ってしまうけれど、ジョーカーこの男ならばありなのだ。
"Why so Serious?"
奴はただ犯罪を楽しんで本能のままに行動するだけ。そこに計算もなにもない。(計算が得意な中国人の悪人ラウとの対比もまた秀逸。本能の前には小手先の計算なんて通用しない!!)
それなのに、街1つが大混乱に陥った。
何という絶対悪…!!!!
そして、そのジョーカーに完璧になりきったヒースの怪演ときたら…。
ヒースと言えば、やっぱり二枚目であることには間違いないと思う。アイドル的な格好良さではないけど。
それなのに、この作品で彼は一度も道化のメイクを脱がない
一度もその格好いい素顔を出さない。
ロック・ユー!」で見せたあの爽やかで明るい笑顔もなければ、「悪霊喰」のクールな格好良さもなし。
そしてもう一つ驚かされたのが、ジョーカーの声!!!!
ファン歴が長いため、まさかヒースの声が分からないことなんてないだろうと思いきや、とんでもない!!
あまりにも”ジョーカーの声”すぎて、最初の方、声だけではヒースだと分からなかった;;
3時間近い映画の中、ただ道化であり続けたこの凄さ、迫力
本当に凄まじい;;
ヒースは悪魔に魅入られた華だと思わざるを得なかった。
ジョーカーという悪魔に魅入られ、演じた本人までジョーカーが連れていってしまったんではないのか、と…。
それ程までに、圧倒的な存在だった、ヒースのジョーカー。
見終わって映画館を出た後も、ジョーカーの顔と笑い声が頭から消えない。
まァそりゃそうだ、ジョーカーって奴は結局、誰の心にも潜んでる究極の悪なんだから・・・。

最後に、これほどの俳優の若すぎた急逝は思い出すだけで今でも辛い、辛すぎる。
この作品が彼のおかげで傑作になっているのは間違いなく、逆に彼の遺作がこの作品でありジョーカー役であったことを喜ばしく思う。
ヒース、素晴らしい作品をありがとう。
下記はネタバレ有りの、個人的にクールだと思ったセリフや場面を。この映画、ネタバレ厳禁です。
「ダークナイト」感想の続きを読む
別窓 | 映画・ドラマ・俳優 | コメント:1 | トラックバック:2 |
2008-08-02 Sat 23:02
冥福を
「ダークナイト」先行上映を独り、観る。
もちろん、ヒースが出ているからだ。
全く予期せず彼の訃報を聞いた1月、大雪の日。
あれから季節は変わり、ヒースに最も良く似合う(と勝手に思っている)夏がやってきた。
もっとも彼の生まれ故郷はここ日本と正反対だから、今は冬の真っ最中なのだけど。
同じ4月の誕生日を私だけが迎え、私は今、ヒースの生きたのと同じだけの年をとった。
彼が逝ってしまったのが今の年だと思うと、あまりにも早くて、あまりにも辛い。

ダークナイト、最高だった。
もうホントに言うことがない程、素晴らしい作品だった。
そして彼の演じたジョーカー・・・これがもう本当にヒースの役者としての真価を見たというべきか、とにかく凄まじいまでの存在感に圧倒された。
見終えてからもジョーカーの笑い声と、あの道化の顔ばかりが思い出されてしまって・・・。
世界は本当に、何て惜しい俳優を失ってしまったんだろう。
エンドロールの彼の名と追悼文が流れた瞬間、ついに嗚咽してしまった。サングラスはこういう時役に立つ。
ヒース、貴方にはもっともっと色んな役を演じて欲しかった。
改めて、名優ヒース・アンドリュー・レジャーの冥福を、ここに祈る。
別窓 | 映画・ドラマ・俳優 | コメント:0 | トラックバック:0 |
2008-08-01 Fri 22:34
河村隆一"evergreen"~変わらない詩~ライヴレポ
河村隆一
Tour 2008 "evergreen"~変わらない詩~
2008/7/27(SUN) in 日比谷野外大音楽堂



1. I Love You(cov.)
2. 桜坂(cov.)
3. BEAT
MC
4. 壊れかけのRadio(cov.)
5. 時の過ぎゆくままに(cov.)
MC
6. 抱きしめたい(cov.)
MC
7. コスモス(cov.)
8. 雪の華(cov.)
9. Glass
10. SERAFINE(cov.)
Band Session
11. いつまでも変わらぬ愛を(cov.)
MC
12. あの日の少年
13. Flow
Dram Solo
14. I Love You
15. 裸足の天使(新曲)

~~アンコール~~
16. 未来予想図(cov.)*マイクレス
17. Love is... *マイクレス
MC&メンバー紹介
18. 抱きしめて(新曲)
MC
19. 緑の詩(新曲)
MC
20. 深愛

SE. Stop The Time Forever


河村隆一"evergreen"~変わらない詩~ライヴレポの続きを読む
別窓 | 月海(たまに音楽一般) | コメント:0 | トラックバック:0 |
| ご み 箱 か ら 見 る 世 界 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。