感情のごみ箱。音楽と映画と小旅行がオアシス。映画の評価は★=1.0、☆=0.5で5つが最高。(+は個人的趣味加算・笑)

-------- -- --:--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
2005-11-09 Wed 18:53
「下妻物語」感想
下妻物語
●下妻物語
●監督:中島 哲也
●キャスト:深田恭子/土屋アンナ/宮迫博之/篠原涼子
●映像・音楽:★★★★
●ストーリー:★★★★☆
●総評価:★★★★


観たい観たいいいながら見逃してやっと観た映画集第3弾(笑)
基本的に邦画が嫌いな私だけど、これは映画館のトレイラーで観て素直に「観たい!」と思った作品。
トレイラーの作りがテンポが良く、どんな映画なのか――二人の女の子の友情で、ギャグで、でも青春の物語――をちゃんと見せてくれてたから。
この手のはコケると相当痛いんだけど……う~~~ん、面白かったぁ(#>_<)o!
キャスティングがまずイイ!!
フカキョンと土屋アンナ、桃子イチゴに最高にマッチ!!
名前も可愛いよね、「桃子」と「イチゴ」なんてvv
名前に負けず、二人ともとってもキュートでしたvv
可愛い女の子大好きな私には二人が出てくるだけでもう目の保養だった(笑)

ロリータに命をかける超超自己チュー女の桃子と、バイクを愛する超超ヤンキーなイチゴ
桃子は服買う金のために父親だまして金せびるようなヤツなんだけど、これは生い立ちから形成された徹底的な無感情のせいなんだろうね。
何を観ても感動しない、孤独や寂しさとは無縁、おまけに他人への思いやりなんて皆無(・∀・)
うわ、すっげえ(笑)
こんなロリータ以外には氷のように冷たい桃子が、熱いヤンキーのイチゴと出会って、溶かされるように徐々に「感情」が芽生えていくわけです。
友情を結んでいく中で、彼女の中に今まで感じなかった緊張や躊躇、葛藤、後悔といった感情ができあがっていく。
最後、それらを良い形で爆発させた桃子に乾杯(=完敗)☆

この映画、邦画にありがちなモロ見えお涙頂戴テイストやベタ臭さ、どろどろ感、陰鬱感が全くなく、二人の主人公の名前のように爽やかでスウィートなさっぱり感に充ち満ちてるのがイイんです!!
ギャグも洋画のような軽快なノリで笑えるし、カメラワークがすごい上手いからテンポもGOOD。
観てて絶対飽きないのが嬉しいvv
それから思わず共感してジーンときます、コレ。特に若い女の子はそうだろうし、二人の友情のような情熱を見失ってしまってる人(私みたいな・苦笑)にもキますよ。あ~、こういう時あったなあ…みたいな(笑)

邦画に期待のもてる良くできた作品。邦画嫌いな人にもこれはオススメです(*´ー`*)
別窓 | 映画・ドラマ・俳優 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<みにくい | ご み 箱 か ら 見 る 世 界 | 「ドッグヴィル」感想>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| ご み 箱 か ら 見 る 世 界 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。