感情のごみ箱。音楽と映画と小旅行がオアシス。映画の評価は★=1.0、☆=0.5で5つが最高。(+は個人的趣味加算・笑)

-------- -- --:--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
2003-12-19 Fri 20:56
「デュース・ワイルド」感想
(03,11,19のログを移動)
デュース・ワイルド
●デュース・ワイルド/Deuces Wilds(原題)●'02/USA/96min
●監督:スコット・カルバート
●キャスト:スティーブン・ドーフ/ブラッド・レンフロ/ノーマン・リーダス/マット・ディロン
●映像・音楽:★★
●ストーリー:★★★
●総評価:★★☆


マット・ディロンとノーマンの夢の共演…と意気込んで借りたけどアイタタな作品でした(笑)
とにかくね、マルコ(ノーマン)もフィリッツィー(マット)もとことん非道で外道!特にマルコはとことん悪です。でも、これだけ悪に徹した役もこなせるのはノーマンのスゴイとこだと思うvvこの人がトラビスをやってたなんて信じられないもん(笑)
ストーリーは50年代のチンピラの縄張り争いの典型。
似たようなテーマで同じマットが出てるならアウトサイダーが100倍面白い。


一応マルコに対しては善で描かれてるデュースの面々も、何だかやってる事が非情でいまいち感情移入できないし同情もできん。いくらレオン(スティーブン・ドーフ)の敵とは言え、ラストのボビー(レンフロ)のアレはないだろ~(汗)
音楽も50年代を意識したのか知らないけどチープだし。ノーム出てなきゃ見る価値なし。ノーム出てても、これ見るならアウトサイダー観て欲しい(爆)ムショの中でも女王様なマルコは観る価値ありかな。
別窓 | 映画・ドラマ・俳優 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<「シービスケット」感想 | ご み 箱 か ら 見 る 世 界 | 「ハード・デイズ」感想>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| ご み 箱 か ら 見 る 世 界 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。