感情のごみ箱。音楽と映画と小旅行がオアシス。映画の評価は★=1.0、☆=0.5で5つが最高。(+は個人的趣味加算・笑)

-------- -- --:--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
2006-04-26 Wed 23:30
憲法”改悪”
本日は一水会。
この月一回の研修は、「毎月第一水曜日に行われる」から一水会なんだけど、今回はGWのため変則で。
GWという嬉しい大型連休の陰に隠れて忘れ去られがちだけど、5月3日は憲法記念日です(笑)
それゆえ、本日の議題は「憲法改正について」でした。
ああ・・・もう分かるよね(苦笑)
私がものすごい熱くなってるの(`д´)=3
さて、去年10月28日に自民党によって作成された「新憲法草案」(以下、「自民党案」)。
これに対する同年12月10日に青年法律家協会弁護士学者合同部会から出された意見書(以下、「意見書」)。
その他判例などを使っての憲法の講義だったわけですが・・・。

うーん、なかなか(゚∀゚)ノ

まあご存じの通り(?)私はこの自民党案に断固反対だし、そもそも憲法改正に大・反対。
まず自民党案の前文に「新しい憲法を制定する」とあるこの文言、憲法を勉強されたことがある人は「あれ?」と思うはず。そう、「制定」ってどういうこと?と。あくまでこれは「改正」(私は改悪に疑いないと思うが)であって、「制定」ではないのでは?と。
曰く、「現行憲法はアメリカが作ったもので、日本が初めて作るものになるから」らしい。
自民党筆頭、改憲肯定派の言い分として、この「アメリカが作った」という言葉が良く出てくる。いかにも「押し付けられました」的なニュアンスを込めて。
ヲイヲイ、本気で言ってんの?(((;゚Д゚)))ガタガタガタ
この憲法・・・現行憲法をちゃんと読んだことあるか?
あの憲法が制定された時代のことを知ってる?
終戦直後だぞ?それまで敵国として殺し合いいがみ合ってた相手国が作ったんだぞ?
それなのに、この素晴らしい出来なんだよ?
それが意味すること、ちゃんと分かってる?
どうしてそれまで戦争の相手の国だった日本の憲法に、わざわざ「戦争放棄」を唄ったと思ってんの?

「真珠の首飾り」というGHQの憲法制定を描いた演劇がある。
見たことがある人は分かると思うけど、この憲法には間違いなく、疑いなく作成国の日本への想いが込められてるよ。細かく言えば、日本の女性に対しても、そう。
WWⅠ、WWⅡ・・・久しく続く戦争を世界規模で、その中心で体験してきた国が唄った他国の「戦争放棄」に、どれだけの重い意味があると思うの?
それを、当該国家がダメにしてどうするの・・・・。
自民党案は憲法第二章の表題「戦争の放棄」を、「安全保障」なんて文言に変えている。
安全保障・・・この曖昧で漠然とした定義に、どれだけ人権が制約されていくんだろうね?考えただけでも空恐ろしくなる。「それは安全保障のために・・・」「安全保障からの要請で・・・」ああ、こんな言い回しで人権制約がなされていく未来がありありと浮かぶよ(・∀・)

決定的に痛いのが、過去に対する反省文がまるっきり抜けてること!!!!
このへんは恐らく青法協の意見書にあると思うので割愛。

最後に、どうして私がこんなに憲法改正自体を批判するのか。
それは、現行憲法が授権立法であり、広範な授権権限を立法府に与えているという事実にあります。
つまり、改憲せずとも下級立法によっていくらでも対処できる問題を、その立法を考えもせずに、突っ走って改憲しようとしているってことが納得がいかないんです。
戦後60年弱、この憲法があったゆえに日本がここまで来れたのは間違いない。
これを軟性憲法にするとか時代に即したものにするとか、ナメた事は寝てから言えってんだ!!!
商法や民法はそりゃ、時代に合わせて変えていかなかきゃいけないよ、それが法律だもん。
でも憲法はそういった法律とは次元が違うの;;王様のようにドンと構えてなきゃだめなの;;
これを軟性憲法にしてみ?
明日には自衛隊がどっか飛んでって日本で戦火が上がってるよきっと(・∀・)

今、あまりの暴君、あまりの好戦性で叩かれてるアメリカ。
でもこの国ははっきり言って、馬鹿じゃない。
この国が長らく世界を引っ張ってきたのは紛れもない事実だし、あの国民性には見習うところが多いと思う。馬鹿ならとっくにつぶれてる。
確かに今の大統領は●●かもしれない。
けど、近いうちにきっと自分たちに向けられる非難に――少なくとも国民は――気付いて、素早く体勢を改めるでしょう。(それを願ってるし信じたい。)
その時に、「戦争放棄」を高らかに掲げる日本という国、彼らが昔作った憲法でもってそれを唄う国を、きっと見習うと思うんです。そして反省する部分に気付くとも――。
そんな時代に、迎合するかのように改憲なんかして、「戦争放棄」を放棄してみてよ。きっと笑いものになる。それだけは国民として御免被りたい。

さてさて、長くなってしまいましたが・・・。
一水会の後は、同期のT津くんとT田さん、それから何故か相方と4人で飲みに行きました(笑)
ごめんよ相方、いきなり呼び付けて(´Д)=3でもやっぱり同期と飲むのは楽しいっすvvv
別窓 | 仕事関係 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<「マスター・アンド・コマンダー」感想 | ご み 箱 か ら 見 る 世 界 | 「砲艦ホットスパー ホーンブロワー・シリーズ」>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| ご み 箱 か ら 見 る 世 界 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。