感情のごみ箱。音楽と映画と小旅行がオアシス。映画の評価は★=1.0、☆=0.5で5つが最高。(+は個人的趣味加算・笑)

-------- -- --:--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
2003-12-01 Mon 21:18
「パイレーツ・オブ・カリビアン 呪われた海賊たち」感想
(03/7/27のログを移動)
パイレーツ・オブ・カリビアン
●パイレーツ・オブ・カリビアン 呪われた海賊たち/Pirates of the Caribbean: The Curse of the Black Pearl(原題)
●'03/PG-13/USA/143 min
●監督:ゴア・ヴァービンスキー
●制作:ジェリー・ブラッカイマー
●キャスト:ジョニー・デップ/オーランド・ブルーム/キーラ・ナイトレイ/ジェフリー・ラッシュ
●映像・音楽:★★★★★
●ストーリー:★★★★☆
●総評価:★★★★★


本邦公開に先駆け、行って来ましたジャパン・プレミアat福岡都久志会館!!!!!(゚∀゚)ノ
ジョニー主演と聞き「見に行こうvv」と思って早6ヶ月・・・。
さらにオーリが共演と知って、発狂を抑えつつ待つこと4ヶ月・・・!!!
もうね・・・最高(((;゚Д゚)))スッゲ
期待通り・・・というか期待の遙か上空をいく勢いで面白かった!!!!
ディズ●ーと侮るなかれ・・・!!ブラッ●イマーと侮るなかれ!!!!(笑)
これ欺されたと思って観て欲しい!!!ホントに痛快で面白いから!!!(゚∀゚)ノ
夏に合う爽快で痛快な、震えるような興奮がある冒険活劇!!!
海モノは日本ではコケるというジンクスがあるけど、これは間違いなくヒットするね☆断言できる(笑)

まず映像が文句なし!!!
海賊船ブラックパール号も英国軍艦インターセプター号やドーントレス号も大・迫・力!!!
ジャックをはじめ海賊達の衣装が個性的でちょう格好いいし、海軍の制服も格好いい(#>_<)o
なによりキーラ扮するエリザベスのドレスときたら、どれも豪華絢爛でそれだけで目の保養vv
港街の様子も夜の街の様子も、死の島も美しい無人の孤島も、本当に存在したかのようにリアルでゾクゾクしたし、何より海の様子が本当に素敵で・・・!!!
そしてそれを一層際立たせてるのが音楽。これとにかく音楽が最高にイイ(゚∀゚)ノ!!!
さすがはディ●ニーというべきか、1曲1曲が非常にシーンに合ってて、海賊映画らしく軽快でスリリング、でもどこかノスタルジックで耳に残る残る。
あまりにもイイからサントラ買っちゃったよチクショウ(笑)サントラなんて買ったことなかったのにさあ。

しかしこの映画、一番素晴らしかったのはキャスティングでしょう(断言)
もうね、ジャックはジョニーしかやれなかったね、うん(・∀・)
ジャックに惚れないやつはいないだろ(笑)反則。一挙一動が格好いい。立ってるだけで、画面の端にいるだけで目はジャックを追ってしまう(苦笑)
カリスマってのはああいうのを言うんだろう。
それから跳ねっ返りお嬢様エリザベスの素晴らしさったらない!!!(゚∀゚)ノ
青い海、青い空と白い雲に映えるブロンドに白い肌、細くグラマラスな肢体に愛嬌のある美しい顔・・・。
そこに居るだけで場が輝く美しさなのに、海賊にタンカきるわ銃ぶっ放すわラム酒がぶ飲みだわで、もうまじ惚れた(笑)ごめん理想すぎたよエリザベス嬢;;
つかキーラ・ナイトレイ最高(・∀・)
何この美人さんは?!!(((;゚Д゚)))やっべ、ちょう好み!!!!イギリス女にめっぽう弱いんですってば私!!(笑)くっは~~、こりゃあブラッ●イマー良い掘り出し物したよ!!(笑)
ベスに想いを寄せる提督ノリントンも良い!!!(゚∀゚)ノ
海軍の軍規厳しいからね~。心の底で海賊ジャックの正義性を認めていながら、あくまで法を遵守する立場で職務を全うしようとする姿は潔い。男だよ、ノリvvv
ジャックの手下もノリントンの手下も個性的なキャラが多くてGOOD!!
主要4人以外のキャラみんなに個性が与えられてて、4人が出てないシーンでも楽しめました。
身分違いの恋とお姫様の救出、海賊の決闘と単純なストーリーなのにここまで面白かったのは、映像と音楽の良さ、そしてキャスティングの大成功のおかげだと思う。

個々のシーンを取り上げると、
・沈みかけた船で入港したジャック・スパロウ(ジャックの登場シーン)
 …ここみんな笑ってたけど、何で?(素)笑うとこなの?私は格好良すぎて死ぬかと思ったんだけど(;´д`)アレー
・ジャックvsウィルの殺陣シーン
・海賊どもの楽園、夜の街トルトゥーガ
・エリザベスとバルボッサのパーレイ
・ブラックパール号vsインターセプター号、横並びで一斉砲撃!!
・ジャックとエリザベス、孤島でラム酒がぶ飲み
・不死軍団の海底行進
・海軍vs海賊
・ジャックvsバルボッサ、因縁の対決
・船長と鍛冶屋の逃走劇
・船長の帰艦(ジャックがブラックパールに戻るラスト)
 …ブラックパールに乗るために引き上げてもらう時、青空に舞うジャックがすごい印象的だった。やっぱりジャックは青空と青い海でしか生きられない海賊なんだと言うことを見事に表してたと思う。ここで思わずジーンときて初の涙が出ました。
・"We're really bad eggs, drink up me' ear-ties YO-HO!"
 …ここ!!!ここからエンドロールへの流れがこの映画の一番上手いところだと思う!!!愛しそうに操舵を撫で、コンパスを開きながら歌うジャック。そして"Drink up me'ear-ties YOHO!"と同時にコンパスを閉じ、その瞬間に映画がバシっと終わる・・・最高に上手い見せ方だよ~!!!(#>_<)o!そして間伐入れずに流れる「He's A Pirate」もまた素晴らしい!!!一番好きなシーンと言えば、間違いなくココ。今でも思い出すだけで震えます。

やっぱりジャックが強かったよなあ。エリザベスも個人的にちょう好きだったけどvv
船ってのは、それが軍艦だろうと海賊船だろうと、スループ艦だろうと戦列艦だろうと、とにかく艦長(船長)にとっては自由の証しだんだよね・・・。
風を受けて満帆で進むブラックパール号の姿には、ホント心を打たれました。
観た後すごく爽快な気分になれるし元気も出る、おまけに興奮できる久々の本物冒険活劇に敬礼!!
別窓 | 映画・ドラマ・俳優 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<「楽園をください」感想 | ご み 箱 か ら 見 る 世 界 | 「バロウズの妻」感想>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| ご み 箱 か ら 見 る 世 界 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。