感情のごみ箱。音楽と映画と小旅行がオアシス。映画の評価は★=1.0、☆=0.5で5つが最高。(+は個人的趣味加算・笑)

-------- -- --:--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
2006-07-26 Wed 21:24
モロッコカレー
18時30分仕事帰り、大江戸線に乗る直前に友達から入ったメール。

「今日早くあがれそう!晩ご飯一緒にいかが?」

やっほい(*^ー^)人(^∀^*)ノ喜び勇んで行くってのvv
で、カフェ不毛の地、中野坂上にある某カフェに二人で繰り出したのです。
その子がオーダーしたのがチキングリル。
私がオーダーしたのがモロッコカレー。
店の雰囲気良いし、キャラメルラテ(←これあると絶対オーダーしてしまう;;)が激美味しかったから、料理も期待してたんだけど・・・。

モロッコカレー、激マズッ!!!Σ(゚Д゚ )

うあああ・・・ダイニングカフェでこんなマズイ料理に出会ったの初めてだよ;;
あまりにも口に合わなくて、半分も食べられなかった;;
チキングリルは美味しかったから、きっとこのモロッコカレーなるものが飛び抜けてマズイだけなんだろうけど、それにしてもキツイお味(´д`)
あんなのカレーじゃない!!!(ノд`)゜
みなさんも「モロッコカレー」なるものに出会ったらご注意を。
もしくは、美味しいモロッコカレーがあるのなら、ゼヒ紹介してやって下さいな;;

さて、話は変わってCOURRIER(クーリエ)の話。
今号のクーリエ、ものっそ面白い!!(゚∀゚)ノ
前に「若くてムラがある」と評した通り、今号は何か全部の記事が面白かった!!
いつも一番(?)楽しく読んでる「世界から見たNIPPON(TOKYO)」のワシントン・ポスト紙の記事なんか、まさに今私がTOKYOに抱いている感情にあまりにもシンクロしてて・・・。
それは、この街で生まれ育った人には知りようもない感覚なのかもしれない。
目を離した隙に生えてる超高層ビル。
その足下、道ばたに寝泊まりするホームレス。
昼はひっそり静まりかえっている店が夜にギトギト油ののった顔を見せる傍ら、スーツ姿の男女がせわしなく帰路を急ぐ。
百貨店は常に人でごった返し。
短い帰路の途中、何も買わずにはいられなくなる誘惑に満ちている。
事務所が歌舞伎町のすぐ隣ってのもあるからか、本当に、いろんなシーンにお目にかかる。
記事にあるように、NYが眠らない街なら、東京は照明すら落とさない街だ。
九州に生まれ関西で過ごし、ここ東京に来て日々思う。
この街は違う、と。この街だけは特別なんだ、と。
大阪も名古屋も、地元福岡だって十分大きな街だけど、東京だけはホントに異質。
ないことがない、ないものがない街。何でも手に入るけど、一歩間違えば何でも失える街。
アスファルトの照り返しと人ゴミの熱とに早くも負けそうになってるけど、これだけ面白い街で、そう疲れた疲れた言ってられない。勿体ないもん。

何か話逸れたけど、とにかく今号のクーリエは格段に面白かった、と(笑)
ちなみに「世界の怪談」の写真で、ケルトクロスが写ってたことに感激(´人`)
別窓 | ほんの日常 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<海賊デートvv | ご み 箱 か ら 見 る 世 界 | high、いろいろ>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| ご み 箱 か ら 見 る 世 界 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。