感情のごみ箱。音楽と映画と小旅行がオアシス。映画の評価は★=1.0、☆=0.5で5つが最高。(+は個人的趣味加算・笑)

-------- -- --:--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
2006-09-17 Sun 01:06
恋愛ブルー
今の彼氏と付き合い始めて、もうすぐ5年。
出逢ったのはバイト先@京都は左京区の某ロー●ン。
お互いまだガキ真っ最中の2回生。
付き合って3ヶ月目にプロポーズされ。
でも生涯結婚する気など更々なかった私は、素直にそう話して、でも嬉しかったのは間違いなくて、

「5年続いたら、考えてもいいよ」

とか言ったことを思い出す。
「もうすぐ5年」が間近に迫って何だか奇妙な感じ。
せめてもう少し恋愛体質だったら良かったのに・・・なんて、見当違いなことばかり頭に浮かぶのは、秋の長夜がもたらす寂寥感のせい?
この「続いたら」ってのは、「こんな私に対するあなたのその気持ちが続くなら」という意味だった。
だって自分で分かってるもん、我が侭で、気紛れで、意地っ張りで、エッチ嫌いで、そのくせ甘えたがりで――すごく付き合いにくい女でだってことは。
変わろうにも、残念ながら、自分が変わるには意地と矜持が強すぎた。
その代わり(?)に、相手を自分テイストに変えてきた。嘘でも誇張でも何でもなく、これは事実。彼氏自ら、「俺はきみに変えてもらった」って言うくらいだから。
だからと言って、私がこの恋愛に安穏としていたかといえば、全くそうじゃない。
自分磨きは常にしてきた。それが7割方は自分のためであったにせよ。
どんなに長い付き合いになっても、デートは絶対オシャレしたし、家にいる時だって、絶対だらしない格好はしなかった。いつもしてくれる家事の全てにお礼を言ったし、安らぎでそれに応えてきた。
相手に求めることは、絶対、自分も対等にするようにしてた。

だからこそ、慣れ合いで続いた関係じゃないのは誰より分かってるんだよね。

この連休中にあいつが来たけど、「早く一緒に暮らそう」の意味に気付かないほど鈍感じゃない。
結婚しなくても一緒に暮らせればそれでいいと言ってくれたけど、本心では違うことは分かってる。
早くに親父さんを亡くしてる彼だからこそ、自分の”家庭”が欲しいんだろうな、とも分かってる・・・。

それでもやっぱり、未だに「結婚」に消極的になってしまうの。
これも多分、日本という国の、未だに消えない徹底した男社会の害悪の一つなんだろうな。少なくとも私のこの結婚恐怖症は、男社会に植え付けられた偏見の産物だと思うから(・∀・)
あ~~、いつまでもティーンエイジャーのような恋であれたらいいのに!!(ノд`)゜青春カムバック!!!
別窓 | モノローグ | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<「LOST シーズン1」感想 | ご み 箱 か ら 見 る 世 界 | 日本公開あるの?!Σ(゚Д゚ )>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| ご み 箱 か ら 見 る 世 界 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。