感情のごみ箱。音楽と映画と小旅行がオアシス。映画の評価は★=1.0、☆=0.5で5つが最高。(+は個人的趣味加算・笑)

-------- -- --:--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
2006-12-01 Fri 21:39
「クロサギ」感想
クロサギ
●クロサギ
●'06/JPN/TV series
●脚本:篠崎絵里子
●キャスト:山下智久/堀北真希/加藤浩次/哀川翔/山崎努
●映像・音楽:★★★★
●ストーリー:★★★★☆
●総評価:★★★★☆

世の中には3種類の詐欺師がいる。
人をだまし、金銭を巻き上げる「シロサギ」。
異性をエサとし、人の心をもてあそぶ「アカサギ」。
そして、シロサギとアカサギだけをエサとする史上最凶の詐欺師がいる。
詐欺師を欺す詐欺師、その名は、「クロサギ」――。



ヤ  ラ  れ  た  …  !!!
ドラマ冒頭に流れる上記テロップ(語り)・・・。
弱きには決して手を出さず、法の隙間をかいくぐり世に蔓延る悪だけを狙うダークヒーロー。
それがクロサギ。
だ~か~らっ、こういうテーマにゃ弱いっつってんだろうがァァァ!!!
しかし待て、この手のダークヒーローには覚えがある。
そう、「処刑人」だ。
主人公であるマクマナス兄弟は、神の啓示を受け、法で裁けぬ悪党どもに自ら制裁を加えていく。
それと同じように、クロサギも――それが詐欺に限っているとはいえ――社会に放置された悪に制裁を加えていくのだ。違うと言えば、それが「殺し」であるか「詐欺」であるかだろうか。
どっちにせよ、とにかくスキスキ!!!!!(゚∀゚)ノ
邦ドラマなんてここ3年まともに観てなかったのに、DVD-BOX購入しちゃいました(笑)
映画「処刑人」が好きな人なら観て損はない・・・と思います(笑)
「俺の名は黒崎。職業は詐欺師だ」

黒崎=クロサギは21歳の詐欺師。
シロサギのせいで家族を家族に殺され、その復讐のためだけに生きる孤独な男だ。
クロサギの通り名は「黒崎」からきてるらしいが、そこに「玄人」の「クロ」と、鳥の「黒鷺」、そして「シロ・アカ」に対して色の「クロ」とをかけてあるのが巧い。
通り名よろしく黒髪に全身黒のロングコート&黒のパンツ、黒のネクタイと黒ずくめ。
この黒崎のルックスがまた、山Pにも~~最っっ高に似合ってんの!!!!(゚∀゚)ノ
つーか、山Pas黒崎格好良すぎ(*´Д`)ハアハア
「野ブタ。」の彰も「ドラゴン桜」の矢島もちょう格好良かったけど、黒崎はヤヴァイもうタイプドンピシャ。むしろ抱いてセニョールって感じ(・∀・)
実は私がこのドラマと黒崎というキャラに好感を持ったのは、第1話のラストの一言だった。
「お前の言ってることは、政治家や法律屋と一緒だ」
これ。理由は後で書くとして、とにかくこの一言はすごく良かったと思う。
黒崎を逮捕しようとする警察・神志名に哀川翔。
イメージとは違うものの、高笑いの後いきなりキレるとこ・黒崎を殴るシーンなんか、さすがの迫力。
それから、ライバルのシロサギ・白石役の加藤浩次が実にイイ(゚∀゚)ノ
各回のゲストも豪華(つかバリエに富んでる)だし、主要キャラの魅力がすっごい強かった。
ただ、このドラマで最大に痛いのは、ヒロイン・裏ヒロインがどうしようもないくらいウザイこと(`д´)=3
ヒロイン嫌いなドラマって昨今滅多にないんだけどね、これホント最後までイライラされられっぱなし。
頼むから氷柱、オマエは法律家にならないでくれ!!!!最後までそう思っちゃった
おまけに氷柱の先輩役、演技下手すぎ(-"-;)総じて女性陣の魅力が欠けてたのはすごい残念。

映像というか、カメラワークは良く、何より音楽がめちゃめちゃイイ!!!(゚∀゚)ノ
オープニングも凝っていて、ページがパラパラ捲れる感じがクールでたまらない
「抱いてセニョリータ」のイントロが度々ドラマのクライマックスで流れるんだけど、これがもう最高!!歌詞はともかく(笑)この曲、リズムがいいわぁ(只今iPodでエンドレス)

さて以下、個人的に好きな話&シーンを。

【第1話】融資詐欺
そう、先に言ったとおり私がこの黒崎という男に好感を持ったのは、第1話のラストの一言。
黒崎は氷柱ののたまう身勝手な正論にこう叫ぶ。
「お前の言ってることは、政治家や法律屋と一緒だ」
この言葉、「法律屋」というこの言葉、これが私を黒崎にハメた決定的な一撃だった。
私ら法律家は、たまにロクでもない同業者を、皮肉を込めて「法律屋」と呼ぶことがあるけど、黒崎はそれを分かって敢えて「法律屋」と言ったのだ。
これは彼が、「法律は人を守ってくれない」と言いながらも、法律の重要性とそれを司る人種には一定の敬意を払っている証拠。彼が忌み嫌っているのは、法を盾に商売する「法律屋」であって、「法律家」ではない・・・いやあ、非常に好感がもてる一言でした。
それからもう一つ。
黒崎の良いところ(?)は、例え感謝されても、人を助けても、決してヒーローぶらないところ。
人に涙ながらに「ありがとう」と言われれば、多少なりともいい気になって然りだと思う。なのに彼は、「お前みたいな人間が大嫌いだ」と罵り、最後までクロサギであることを貫き通す。
犯罪をしていることを自覚・自認し、自分に恐ろしく厳しい人物であることが伺えるよね。
一方1話からウザイ氷柱。えー、この子なに、検事志望?!
どれだけ凝り固まった、一方的で身勝手な正義感押し付ける気だ、こいつは?!(((;゚Д゚)))ガタガタガタ

【第4話】大企業詐欺
シロサギVSクロサギキタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!!!!!
ああもう好き好きこの話!!!!(゚∀゚)ノ
腐った大企業しか狙わない最強のシロサギ・白石陽一。
証券マンを装った白石に、大手企業の会社役員として接近する黒崎。黒崎が撒いた餌は「企業買収による新株発行の委託」。大手企業の新株発行を取り扱うわけだから、そりゃ証券マンには美味しい話なわけで。
いつもクールにシロサギを喰う黒崎が、白石のペースに巻き込まれて焦ってるのが可愛い(笑)
果たしてクロサギは、この最強のシロサギを喰うことができるのか?!
上昇し続ける株価が、一気に暴落を始めた瞬間にはも~~すっごい大興奮(#>_<)o!
トントンと机を叩き笑みを浮かべる加藤as白石の目の演技がホント最高でした
インサイダー取引の何たるや、裏の裏をかいた情報戦、お互い喰って喰われて利用して・・・くぅぅぅ~~~カッコいい~~!!!!(#>_<)o!
究極のライバルだけど、お互いその存在を認め合ってるのがイイんだよ
白石好きだなあこれからもっと登場してくれること希望!!

【第5話】ブランド詐欺
氷柱の話(・∀・)
詐欺の手口もつまらないし、氷柱のオヤジ役が泉谷しげるってのが笑えて、総じて一番つまらん話だった。

【第6話】共済組合詐欺
アザだらけの黒崎に萌え(・∀・)いやあ、美人はアザつくると色気増して困ります(素)
ようやく明らかになった神志名警部の過去。
神志名も黒崎と同じく、シロサギに人生を狂わされた男だった。
それなのに、一方はクロサギに、他方は警察になってるんだから、人生とは本当に不思議なものだ。
この話は特に「処刑人」と同じ匂いを感じた話だった気がする。
というのも、黒崎(=マクマナス兄弟)の行動に心の底では共感しながらも、警察(=FBI)という立場にあることの葛藤に無意識的に苦しんでいる、という神志名(=スメッカー)の構図が出てくるから。
違うのは、スメッカーがマクマナス兄弟に最終的に協力したのに対し、神志名が最後まで黒崎を逮捕しようとしたこと。表面上決して認めようとしなかったこと。
黒崎が、神志名に手酷い私刑を受けながらも一切の抵抗をしなかったは、逆に黒崎も神志名をどこかで認めており、でもそれを認めるのはできないから、せめてもの皮肉のつもりでだったんだろう。
白石VS黒崎もイイが、神志名VS黒崎もイイ!!!!(゚∀゚)ノと認識した話でした。
ラスト、屋上からアザだらけの横顔で、神志名と電話越しに火花を散らす黒崎・・・か、格好良すぎる・・・!!!!(卒倒)

【第8話】欠陥住宅詐欺
シロサギVSクロサギ第2戦キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!!!!!
とは言え、この話の最大の魅力はシロサギ「VS」クロサギにあるんじゃない!!
クロサギとシロサギが手を組むところに最大の魅力があるの!!!!!!
白石陽一の過去が明らかになり、彼もまた、欠陥住宅という詐欺の被害者だったことが判明。どうしてシロサギである白石が、腐った大企業しか餌にしないのか――それは白石が、詐欺は手段であり目的じゃなく、大企業の債務不履行に鉄槌を下しているだけだったから。
黒崎は「神崎」と、白石は「御園」と名乗り、お互い別々に仕掛けていたはずの詐欺・・・。
執拗に仕掛けるも、しかし黒崎一人の力ではどうしても欺せないシロサギ・榊原。
黒崎は桂木に愚痴をこぼし、そんな黒崎に桂木は言う。
「重要なのは情報だ」
そして黒崎が桂木から買った白石の情報とは・・・。
「神崎」は懲りずにシロサギに詐欺を仕掛ける。しかしついに「警察を呼ぶ」と脅すシロサギ。
その窮地にさっそうと現れたのは――そう、白石だった。
白石が「御園」として現れた瞬間、興奮で思わずスタンディングオベーション(笑)
こうして「神崎」と「御園」として、榊原の前で相まみえた二人の詐欺師。
この二人の、榊原を前にした会話がまたいい。

(白石)お久しぶりですね、神崎さん
(黒崎)わざわざすみません。お二人が仲いいなんて全然知らなかったですよ。
隣の椅子を引いて、御園(白石)を座らせる神崎(黒崎)。
(白石)ああ、ありがとう
動揺する榊原。
(白石)こちらの神崎さんとは半年ぐらい前からの付き合いでして。若いのに非常に優秀で、僕もね、出会った当初からびっくりさせられっぱなしなんですよ


このね、も~~二人の間でしか真意は分からない、でも表面上仕事の付き合いだとしか思わせないやり取りがちょうクールで!!!!(#>_<)o!
白石の言葉を隣でさも面白そうに笑って聞いてる黒崎がまたいいのよ!!
何度観ても、このクロサギ&シロサギのシーンは最高に興奮するね☆BGMのセニョリータも最高
結局、この件も黒崎一人では何ともできなかったわけだし、黒崎は白石には勝てなかった、てことになるのかな。どうもこの二人は勝ち負け関係ない気もするけど。
ちなみに澄子さん 大 好 き です!!!初めてこのドラマで好きだと思った女性(笑)
「二人合わせて完璧なノートか」ね・・・う~~ん、巧い!!!!
あとね、ラストの黒崎と氷柱の会話の、黒崎のセリフ。
「被害者が自分でケリつけられるようになるまで、事件は終わらねえんだよ」
これは本当に痛いほどの真実。果たして氷柱にこの言葉の重みが理解・・・否、想像できたのやら。
最終話除いて、この話が一番好きです私
あ、でも一つつっこみたい。
氷柱、おまえ普段はウザイくらい正論かざすくせに、バイト先の商品勝手に食っていいと思ってんだ?
そういうのを窃盗(刑法第235条)っていうんだよ。

【最終話】フランチャイズ・チェーン詐欺
家族の敵(かたき)に伸ばした手で掴んだものは、虚空。
その手に掛けられたものは、銀の手錠。
いやあ、 泣 い た ね 。
とにかく良かった。黒崎ホント好きすぎこんなに好きなんてどうしよう
警察に追われる黒崎。
逆探の危険性を負いながらも、最後の最後で黒崎がかけた電話の先は、氷柱。
ずっと「吉田」とわざと呼んできた黒崎の、

「まあ、元気でね。吉川氷柱さん」

この淡々としたセリフにもう涙が(つД`)・゚・。・゚゚・*
氷柱嫌いだけど、黒崎がこうして覚悟を決めた時に、言葉を残す相手がいてくれたことには感謝。
それから、いつもイライラさせられっぱなしだった氷柱の言葉だけど、最後に一言、すごくイイ言葉を残してくれたと思う。
それは、連行される黒崎に向かって叫んだ「だから頑張って」というこの一言。
「頑張って」ってのは、不快に思う人もいるのかもしれないけど、実は罰を受けようとする人間に向かって言うのは、何より適切な言葉だと思うのです。
特に、黒崎のように、罪だと分かりながら、成すしかなかった罪に対して、罰を受ける者に対しては。
少なくとも私が黒崎だったら、「頑張って」と誰かに言ってほしかったと思う。
けどこの子、や~~っぱ最後まで「痛い子」だったなあ頬つねるヤツがあるか今時
さて、黒崎逮捕劇のクライマックス、四方を警官に囲まれる黒崎。
大勢の警察に取り押さえられ、それでも逃れようと足掻く黒崎・・・山P、演技最高(・∀・)
山Pの迫真の演技に胸打たれて、黒崎の無念にまた号泣しちゃいました;;
そして、留置所で鉄格子越しに対峙する黒崎と神志名。
月の夜、鉄格子の向こうにいる黒崎(つか山P)の色っぽさにノックアウツ(・∀・)ゴメンナサイ
しかしなるほど、こう来たか!!!
やっぱり最後はフィクサー・桂木の一人勝ち、ってやつ?
さすがはシロサギを産み、クロサギを飼う桂木・・・。
人を欺すことにかけては、桂木の右に出る者はいなかったってわけね。何か悔しいけど(笑)

何だか続編ありそうなラストで、個人的に続編心から希望するんだが。
もちろん黒崎は山Pで、白石は加藤でお願いします!!(・∀・)氷柱はもっとマシなキャラにして下さい(切)
別窓 | 映画・ドラマ・俳優 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<一人で創れないもの | ご み 箱 か ら 見 る 世 界 | これってdestiny?!Σ(゚Д゚ )>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| ご み 箱 か ら 見 る 世 界 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。