感情のごみ箱。音楽と映画と小旅行がオアシス。映画の評価は★=1.0、☆=0.5で5つが最高。(+は個人的趣味加算・笑)

-------- -- --:--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
2007-09-15 Sat 23:02
セルフプロデュース
ってことになるのかな。
今日は、初めてブライダルコーディネーターの担当Aさんとの打ち合わせ。
1年前から式の準備進めてたくせに、な~んだこの遅さ(・∀・)
いや、ほら、途中gdgdだったしね
ドレス担当、音楽担当、ケーキ担当、写真担当その他いろいろな担当さんが付いてくれるんだけど、このAさんがトータルプロデューサーみたいなもんで。
この式場、本当にこちらの我が侭(?)を事細かに聞いてくれて、たいていの要望を聞き入れてくれるという、何とも私向き(…)なトコロ。
今日すっごく嬉しかったのが、私の一番の我が侭に「こういうのはどうでしょう?!」ってAさんが提案してくれたことだった。

その我が侭(=こだわり)とは・・・。

英国スキーでケルト心酔(何ソレ(´д`))な私
イギリスでは、式の前に花婿が花嫁のドレス姿を見ると幸せになれないという言い伝えめいたものがあって、どうしても式の前にドレス姿をヤツに見せたくなくて。
ホラ、某海賊映画でもキーラ嬢が言ってたよね(笑)
ドレス合わせに妹と行って、ヤツとは行かなかったのも、実はこれ。
秘密にしておきたいってのもあったけど、こっちが一番の理由だったのね。
(「ここは日本だよ!!!」とか差鞠のP(←誰が分かるんだこのネタ)のツッコミは勘弁して下パイ(ヲイ))
でもそうすると、式の前に親族や家族で集合しての記念撮影ってのが出来なくなる。
記念撮影はしておきたいし、でも式の前にヤツにドレス姿で会いたくはない・・・。
この矛盾を解決する方法を、Aさん、作ってくれたのです
「作ってくれた」というのは、前例もなく、その場で咄嗟に彼女が思いついてセットしてくれることになったことだから。
その方法は当日まで秘密だけど(ってゆーか誰にも知られないだろ・笑)個人的には最高
いやぁ、ホンッット、感謝(´∀`)
何か、ここ選んで良かったなって感じ。

結婚式って、よくよく考えれば、人生で最も大きいセルフプロデュースの場の一つだよね。
招待状の文面・使う用紙、会場のセット、ケーキのデザイン、流す音楽、ドレス、演出そして招待する人・・・全てが、自分たちが主演の喜劇を成功させるための大切な要素で、その全てを自分たちで作り上げる。
たった一瞬の劇にすぎないけど、それを作り上げるのは、結構楽しい。
昔から演劇の準備や似非監督業をやるのは好きだった。
今考えればバンド活動のライヴなんて、まさにそれ、セルフプロデュースだったんだなあ。
(ミラーボールの登場のタイミングとか照明とか、とにかく自分たちでセットするもんだからね。)
ピエロになるのは得意だけど、今回ばかりはピエロにならないように気をつけよう(笑)

あ、ところで、当日使う音楽、何か妙案ないですかね
個人的に使う曲はすでに何曲かセレクトしてあるけど、何かこう他人の思いがけない選曲ってのを聞いてみたい。
何かオススメあったら教えて下パイ。
別窓 | ほんの日常 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<■アルバムバトン | ご み 箱 か ら 見 る 世 界 | 相性悪いのかしら>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| ご み 箱 か ら 見 る 世 界 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。