感情のごみ箱。音楽と映画と小旅行がオアシス。映画の評価は★=1.0、☆=0.5で5つが最高。(+は個人的趣味加算・笑)

-------- -- --:--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
2007-12-02 Sun 23:26
Just Marriage
結婚式、終わりました。
充実感と幸福感と虚脱感が一緒くたになって、いかんとも形容しがたい気分です。
とにかく、楽しかったです。
本当に本当に、心の底から幸せな1日でした。
もし可能なら永遠にこの1日が続けばいい、そう願って止みませんでした。
短くはないこれまでの人生の中で、本当に、最高の瞬間でした。
だからこそ終わってしまった~という虚脱感・・・むしろ虚無感さえ今感じてしまうくらい。
12月の忙しい中列席してくれた友人たち、遠方の親族には本当に感謝

思うことがありすぎて文章にするとgdgdになるので、もう箇条書きで残しておきたいと思います。
・式の前日はお互いの家族同士でお食事
・その後、お互い、家族と独身最後の夜を過ごす
・前日にホテルでポーカーやってる新婦と新婦妹、新婦母ってどうよ(笑)
・やはり緊張で眠れず、寝付いたのはおそらく朝5時過ぎ
・緊張というより興奮だったのかも(たぶんそう。)
・当日はメイクしていけないので、グラサンとキャップ被って会場入り。
・気分は芸能人(・∀・)
・予想外に祝電がたくさん届いていて、読みながら泣きそうでした。わざわざ送って頂いて本当にありがとうございました。
・準備も整って、いざチャペルへ
・とにかく緊張
・緊張しなさそうなタイプとよく言われるけど、実は全くそんなことはなく、表情とは裏腹に内心・ドキドキだったりする。舞台(=本番)に上がると全く緊張は吹き飛ぶんだけど、その直前までが、ね・・・(;´д`)
・マリアヴェールに反応してくれてありがとう夕貴さん(笑)
・神父さん格好いい
・父親がさっき練習したばかりの手順(新郎との一礼)を忘れ一人つっぱしる
・賛美歌の歌詞を思い切り間違え新郎に笑われる
・最前列から早くも激しいすすり泣きが・・・
・彼のお母さんもママンも泣きすぎ
・思わず泣きそうになる(というか泣いちゃいました)
・誓いのキスはもちろん額へ(気分はフロド)
・クリスマスシーズンということで、神父さんから「きよしこの夜」の演奏のサプライズが
・披露宴の入場前に、会場から"LOVELESS"のオーケストラヴァージョンが聞こえ一人ニヤリ
・グローブを忘れ入場が遅れるorz
・入場はもちろん"The Blood of Cu Chulainn"。映画「処刑人」のOPでお馴染みケルトの曲
・入場するとHANZOYAの計らいだろう、みんな勢揃いでカメラを構えてた。びっくり(;´д`)
・ドレスを何度も踏む
・新郎より先を何度も歩いてしまう
・この場に至ってもまだ乾杯の挨拶を考えていない・・・
・司会の佐藤さんがあまりに盛り上げてハードルを上げてくれたため、乾杯の挨拶は勢いのまま乗り切る私(・∀・)
・友人スピーチは幼なじみのY子
・泣きじゃくるY子に「頑張って!」と(何故か)新郎側の伯母ちゃんからエールが飛ぶ(笑)
・ママンもお母さんも泣きすぎです(私もな)
・今日は泣かないだろうと思っていたのに、Y子が2言目で泣き始めたため、思わず感極まって号泣。最高のスピーチをありがとう。聞きながらいろんなことを思い出したよ。もう25年の付き合いになるんだね・・・
・ケーキ入刀で、ようやくケーキを見る。すごい可愛い~~想像通り
・すごいフラッシュに目が眩む。絶対目え瞑ってるよ私(;´д`)
・しばし歓談ということで、真っ先にテーブルに来てくれたMネちゃんとゆみかん、Y子
・何故かもう涙ボロボロ零しながら泣いてくれていたMネちゃん・・・(愛)
・つられてまた泣く
・アテンドさんがハンカチ渡してくれるも、間に合わずグローブで涙を拭う
・中座はママンと。ママン、目が真っ赤でぼろぼろ泣いてくれてた
・けど、サプライズだったため途中まで何しているのか分かってなかったママン
・カラードレスはみんなに「意外だった」と言われたグリーン。弟のアレンジしてくれたドレスでした。頭には季節を無視したトロピカル感漂う真っ赤なバラをたくさん(笑)
・余興一発目はMネちゃんとゆみかんのピアノ&歌のジャズセッションやはり、ネ申。美の共演アゲイン(*´Д`*)ハアハア 遠方から来てくれるだけでも嬉しいのに、快諾してくれて本当にありがとう。本当に本当に素晴らしい歌声とピアノでした。二人と知り合えて、親友になることができて、何て幸せ者なんだろう
・余興2発目があまりにハイクオリティで爆笑
・そのため、案の定、シメの新郎と相方のコントがスベる(・∀・)・笑
・居たたまれなくて顔を上げられませんでした(笑)
・が、そんな彼からいきなり私へのサプライズが・・・
・本当に知らなくて、しかも予想だにしてなくて、思わずキョドってしまいました
・サプライズはハート型の2枚の色紙。短い言葉で会場を笑わせたけど、私にはあまりにも嬉しい言葉で。2文目の意味は、一瞬とらえにくいけど、かねてから言われてた私には分かった。この人に出逢えて良かったと、結婚して良かったと、そして本気で死ぬほど愛してると思った。涙止まりませんでした
・手紙は私だけでなく彼も。お父さんが亡くなってから、一人で3人の子供を育ててきてくれたお母さんだから、絶対読んで欲しかった。彼の手紙で、彼の友達が「俺も絶対手紙読むわ」と言ってくれれたのが嬉しかったなあ
・謝辞では、パピーが泣いて言葉を詰まらせてた・・・。父親が泣くの、私は初めて見たかもしれない。何だろう、ものすごく感動した。式挙げて良かったって、この瞬間本当にそう思った。
・お開きで、従妹が泣きながら「私もKちゃんみたいな式がしたい!」って言ってくれたのが嬉しかった
・「式の半分は泣いてたよ私」って真っ赤な目で言ってくれたゆみかん、ありがとう
・体重ベア(生まれた時の体重と同じ重さで、足にその体重と名前が刺繍してあるテディベア)を持って、嬉しそうに話してるママンとお母さんに涙

こんな感じかな。
本当に怒濤のように時間が過ぎて、あまりよく覚えてないんです。
でも、本当に結婚して良かったって、式挙げて良かったって思いました。
何より両家の家族・親族が本当に和やかに賑やかに楽しんでくれて、感動してくれて、心から祝福してくれたのが幸せで幸せで。
彼のお母さん、ずっと亡くなったお父さんの写真をテーブルに置いていて、たぶん誰より泣いてたんじゃないかな。
ウチのママンと彼のお母さんなんて、泣いてない時がなかった感じだもん(*´ー`*)
1年もかかったし、途中、結婚をやめようとしたこともあった。
それでも、この日をこんなに幸せな形で迎えられて、そして終えることができて、本当に幸せ。
迷惑ばかりかけてきた両親に、ようやく、娘として、長女として、1つの恩返しが出来た気がする。
頑張って生きてきて良かった。
失敗ばかりでも、諦めないで踏ん張ってきて良かった。
だから彼に出逢えた。
彼との出逢いと結婚を、こんなにもみんなに祝福してもらえた。
これからも頑張って生きてこう。
そうすればきっと、また今日のような輝かしい、一片の曇りのない幸福な日が訪れるんだろう。

師走のご多忙の中ご列席下さった方々、本当にありがとうございました。
そしてこれからもどうぞよろしくお願いします。
別窓 | ほんの日常 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<非日常、そして日常 | ご み 箱 か ら 見 る 世 界 | それなりに緊張>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| ご み 箱 か ら 見 る 世 界 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。