感情のごみ箱。音楽と映画と小旅行がオアシス。映画の評価は★=1.0、☆=0.5で5つが最高。(+は個人的趣味加算・笑)

-------- -- --:--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
2008-02-02 Sat 18:50
「シルク」感想

●シルク/Silk(原題)
●'07/R/Canada・France・Italy・UK・Japan/112 min
●監督:フランソワ・ジラール
●キャスト:マイケル・ピット/キーラ・ナイトレイ/芦名星/役所広司/中谷美紀
●映像・音楽:★★★☆
●ストーリー:★★
●総評価:★★☆


公開初日(1月19日)に一人で喜び勇んで観に行ったのだけど・・・うーん(苦笑)
そもそも内容には興味がなく、キーラ見たさに行ったようなもんだったから仕方ないのか。
そう、この映画のキーラはあまり魅力的でない。
もちろん美しさは圧倒的だし、控えめな女性役というのも、彼女らしからぬ役所で面白かった。
なのにあまり魅力的に感じなかったのは、やはり映画の撮り方のせいだろう。
この映画で最も魅力的に描かれなければならないのは、キーラ扮するエレーヌではなく、遙か東の異国の地・日本で出逢うThe Girl(芦名星)。
この少女が神秘的で魅力的でなければ、そもそも映画が成り立たない。
そういう意味で、この映画は成功しているんだろうけど。(撮り方的に。)

フランスの青年エルヴェ(マイケル・ピット)は、美しく控えめなエレーヌ(キーラ)に惹かれ、二人は結婚する。しかしすぐにエルヴェは遠い異国の地・日本へと旅立つことに。
それは街の命綱である製糸業を支える絹の健康な卵を手に入れるため、バルダビューという友人で街の名士から、彼が命じられた使命だった。
子供を望むエレーヌに後ろ髪を引かれつつも、日本へ旅立ったエルヴェ。
そして彼は出逢う。
絹のように美しい肌と漆黒の髪を持つ神秘的な少女に。
先に言ったように、この少女がこの映画の要。
彼女が神秘的でなければダメだし、美しくなければストーリーが成り立たない。
芦名星は、その重要な点をばっちりクリアしてたと思います(´∀`)
取り囲む木々岩岩には雪化粧が施され、白い湯煙の立つ露天の温泉に腰まで浸かる少女の背中――。
黒い髪が左の方から胸へと流れ、露わになったその後ろ姿には思わずゾクッ。
うーん、何て美しい風景だろう。

そう、この映画の一番の魅力は、フランスの美しい庭園と日本の景色の素晴らしさ=映像美なのです。
フランスが陽だとしたら、日本は影。
明るい緑の木々とカラッとした太陽の光。エレーヌが愛したフランスの庭園を彩るのはビビッドなカラー。
対して、エルヴェが恋い焦がれた日本の景色と少女は、色のない木々と降りしきる雪のモノクロ。
日常生活でも、現実はいつもカラーで思い出はモノクロ。
もし監督がそれを意識してフランスと日本をカラーとモノクロで描いたのなら、それは感心しちゃうなあ。
結局、エルヴェが恋い焦がれていたのは現実でない、”思い出”でしかなく、彼を想ってくれていたのは”現実”だった。
日本の村に降りしきる雪と同じように淡々と進むストーリーだけど、最後の最後のオチはなかなか。
意地悪な言い方をすれば、やっぱ男ってバカだな(・∀・)なんだけど(w
別窓 | 映画・ドラマ・俳優 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<「ラッキー・ユー」感想 | ご み 箱 か ら 見 る 世 界 | 死の実感>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| ご み 箱 か ら 見 る 世 界 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。