感情のごみ箱。音楽と映画と小旅行がオアシス。映画の評価は★=1.0、☆=0.5で5つが最高。(+は個人的趣味加算・笑)

-------- -- --:--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
2008-02-03 Sun 00:10
「スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師」感想

●スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師/Sweeney Todd: The Demon Barber of Fleet Street (原題)
●'08/R/USA・UK/116 min
●監督:ティム・バートン
●キャスト:ジョニー・デップ/ヘレナ・ボナム=カーター/アラン・リックマン
●映像・音楽:★★★☆
●ストーリー:★★☆
●総評価:★★★


見終わって一言、「あ~、やっぱティム・バートンは合わないわぁ」。
ちなみに「シザーハンズ」は大好きです。
で、それがすごく好きなもんだから、ティム×ジョニーの黄金律(とそれに対する世間の評価)を信じてティム・バートンの作品はほとんど観てきましたけど・・・結局、これなんだなあ毎回(;´д`)
OPの血がどこまでも流れてゆく映像を見た時は、「お、イケるかも」と思ったんだけど・・・・。

まず最初に言いたいのは、これをミュージカルにする必要があったのか?
劇中、これでもかってくらい血が大洪水だし、映像はさすがにないものの人肉パイなんて悪趣味なモノを売りさばいたりと、シュールでグロな内容なんだから、ミュージカルにせずサスペンスドラマに仕上げた方が面白かった気がする。
まあ、そうしないところがティム・バートンなんだろうけど。
でも私がミュージカル映画に期待するのは「オペラ座の怪人」や「シカゴ」、「ムーランルージュ」のように、豪華絢爛で優美な世界なんだな。
やはりシニカルでシュール、グロな世界は相応のブラックジョークを交えたシリアスドラマで観たいのよ。

それから、まあ殺人鬼の話なんだから仕方ないんだろうけど、罪無い人まで殺しすぎ(`д´)=3
どうしてもこのトッドに同情も共感もできなくて、最後にはスカッとしちゃったくらい。
結局、奥さんにも娘にも気付かないってアンタ・・・。
ジョニーの演技は最高なんだけど、ジャック程ハマリ役ってわけじゃなかったし。

そうそう、人肉パイに関して、政治家の肉は腐ってドロドロでパイからはみ出しちゃってるとか、聖職者の肉は固いとか、太ってる人間の肉は脂ぎってるとか、そういうシュールな笑いを誘うところは相変わらずセンスが秀逸(´∀`)
政治家のパイだけは喰いたくないです(笑
別窓 | 映画・ドラマ・俳優 | コメント:2 | トラックバック:0 |
<<コーンスープに携帯 | ご み 箱 か ら 見 る 世 界 | 「ラッキー・ユー」感想>>
この記事のコメント
[]
私はティム・バートンだったらシザーハンズとビッグフィッシュとスリーピーホロウが好きだね!
この映画ティム・バートンがミュージカルにしたわけじゃないよ。もともとブロードウェイミュージカルのを映画化したみたい。何気に三回も観ちゃった(笑)歌が良くて毎日サントラ聴いてる♪
そうそうシルク観たけど、私はあんまりだった(汗)

携帯メールの返信がなかったから凄い心配したよ・・・。
2008-02-03 Sun 18:54 | URL | みいこ  [ 内容変更]
いやいや~、ホント、心配かけましたぁe-263
でもメールありがとうe-266
すっごい心温まって、ホントに癒されたよ。ようやく立ち直りました、うん。
多分一生忘れることはできない痛み(とショック)だけど、彼という名優に敬意を評して、これからも映画を全力で愛して行こうと思った。
の割に、ここ1年、まともに感想書く気になる映画に巡り会ってないのが現実なんだけどね(;´д`)
これでも新作はほとんど劇場に観に行ってんだけどねー。

あ、これ原作(?)がミュージカルなんだ?!Σ(゚Д゚ )
だったら逆に、ティムバートンなんだから、いっそミュージカル映画にしないってのもアリだったのにな(笑)
でもそしたら、血が苦手なみいこは観に行けないか(笑
シルクほんとビミョンだったよねe-263キーラ楽しみしてたのに。
こうなったら「つぐない」に期待!!(でも日本公開あるんか?・笑)
今度アイリッシュパブいかない?この前連れてってくれた汐留のe-266
2008-02-03 Sun 21:38 | URL | 春生  [ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| ご み 箱 か ら 見 る 世 界 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。