感情のごみ箱。音楽と映画と小旅行がオアシス。映画の評価は★=1.0、☆=0.5で5つが最高。(+は個人的趣味加算・笑)

-------- -- --:--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
2003-03-12 Wed 00:12
チクショウ…指輪の魔力だ
ってなワケで観てみました>LOTR。
あ、一応(いないと思うが)分からない方のために言っておくとですね、LOTRとはロード・オブ・ザ・リング=指輪物語のコトですね。
かの有名な、ファンタジー小説の土台を確立したとも言えるトールキンのアレです。
エルフとかドワーフとか言う種族を生んだのはこの指輪物語だそうで。(←バイト先のオーナー談)
何を隠そう小学1年生の頃からRPGが好き(当時はPC98のパソゲーが主流)だった私。
当時一世を風靡した(?)ソーサ●アンを心から愛してプレイしてた私にとって、エルフやらドワーフと言った語句はそれだけで魅惑的vv
しかもホビット族のフロド役がイライジャとくれば、私がハマらんわけなかろうが!(笑)
(↑これは大嘘。イライジャ・ウッド、妹に言われるまで知りませんでした/笑)

まあ実際、ハリポタの公演とかぶってたから、「は?指輪物語?ハリポタのがいいに決まってんじゃん!」
とかぬかしてたけどね(笑)

で、友達と観てきました。
イヤ、だって、妹のみならずマミーまで「良かった!」って勧めるからさあ…(苦笑)
レディースデーだから混みまくってて、結局観たかった回は満席で入れず(ここが全席指定の痛いトコ!)、3時間後の回を観ることに。
でもその回もすでに一番後ろの席しか空いてなかった~。
一番後ろだったけど狭いシアターだったし、例えば前の席が無駄に背の高いヤローだったりして「頭が邪魔!」とか忌々しく思わずに済んだから良かったです。
さすが続き物だけあって、最初の5分は人物把握に苦戦。
フロド=イライジャ、レゴラス=オーランドは分かってたけど、その他がサッパリ。
しばらくはガンダルフ=サルマンだと思ってたしネ(* ̄m ̄)
「ああ、このガンダルフってヤツはこうしてレゴラス達を騙してるのね!何て悪いやつだ!」って本気で勝手にストーリー作ってました(笑)
全然いい人でした、ガンダルフ(^^;
さて、そして問題のレゴラス様のご登場。
人間の剣士(人間の役割は何故にいつも剣士なんだろう?)アラゴルンとドワーフのギムリと共に旅するエルフ代表レゴラス。
別名・闇の森の王子=緑葉の君(笑)
エルフと言えば美すぃ容貌ととんがった耳、不老不死に近い長寿が特徴ですが、オーランド青年は見事にこのエルフ族の青年にハマってましたvv
てか、美しい(笑)
男女問わず美しい者に目がない私・・・。
レゴラスがほんの端にでも映ってるときは、間違いなくレゴラスだけを観てました(死)
弓を引くお姿もステキ。
世のヲトメ達が日夜夢に描く白馬の王子は、この人しかありえないのでしょう(笑)
欲を言えばもっと戦力になって欲しかった。
でもエルフって力ないから、あんまり剣技には長けてないのかな。
本来忌み嫌い合うはずのドワーフと仲良くやってます。
しかしここは絶対前作で衝突があっただろうから、すぐに前作を借りて観ようと思いました。
ギムリ好きだなー・・・。

とまあ、私的にもう一度観に行きたいと思えるほど満足だったわけですが、やはり音楽と壮大な世界が見事に描かれていたのが一番素晴らしかったと思います。
エントなんかほんとに存在してるみたいでした。
すっかりその世界に引き込んでくれたんで。
3部も絶対観に行こうと思います、ハイ(*´∇`*)

さて、次はいよいよ待ちに待ったムーンチャイルドが公開ですね。
間違いなく観ます・・・ふふふ。
それと今日知ったんだけど、BRってⅡがあるんですねー・・・。
前作BRにはまっただけに、ちょいと微妙な私でした。
(監督亡くなられたのに・・・どうなったんだろ?)
別窓 | 過去ログ | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<懐かしの | ご み 箱 か ら 見 る 世 界 | ディズニーへ行きました★>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| ご み 箱 か ら 見 る 世 界 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。