感情のごみ箱。音楽と映画と小旅行がオアシス。映画の評価は★=1.0、☆=0.5で5つが最高。(+は個人的趣味加算・笑)

-------- -- --:--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
2008-08-24 Sun 19:02
「プレステージ」感想
プレステージ
●プレステージ/The Prestige(原題)
●'06/PG-13/USA・UK/130 min
●監督:クリストファー・ノーラン
●キャスト:ヒュー・ジャックマン/クリスチャン・ベール/マイケル・ケイン/スカーレット・ヨハンソン
●映像・音楽:★★★☆
●ストーリー:★★★★
●総評価:★★★★


マジックは3つのパートで成り立っている。
最初のパートは「確認」。何でもない物を見せる。
2番目は「展開」。その何でもない物で、驚くことをしてみせる。
どんなマジックにも3番目がある。
それが最も難しい。
人はそれを「偉業(プレステージ)」と呼ぶ。


2人のマジシャンがいる。
1人は”偉大なるダンカン”ことロバート・アンジャー。派手好きで、魅せることに長けた若き野心家。
もう1人は”教授”ことアルフレッド・ボーデン。地味だが発想は抜群で、あらゆる面で抜かりのない男。
元は同じマジシャンの助手であり友人同士でもあったこの2人が、ある事件をきっかけに、お互いを憎み、妬み、傷つけ合っていきながら頂点を目指していくという、暗~い人間ドラマであり、サスペンス。

まず、クリストファー・ノーラン、恐るべし…!!!!
ある映画があって、その映画のカラーを最終的に決めるのは、役者でも演出でも脚本でもなく監督だ。
それは、「あの役者が出ているから見る」のと同じように、「あの監督作品だから見る」ということはあっても、「あの役者が出ているから見ない」のはないのに、「あの監督作品だから見ない」ということが、大いにあり得ることからも言えると思う。
その監督の感性と合うかどうか――これが、映画を気に入るかそうでないかの違いにもなる。
そこにきてこのクリス・ノーラン監督…うーん、ヤバイ。この監督、すごく好み
この監督は「メメント」の監督でもあり、この作品を観たことがある人なら、その時系列の見事なまでの錯綜っぷりに舌を巻いたことだと思う。
あれは流石にやり過ぎだったかもしれないけれど、その手腕は相変わらず。
この作品でも、しょぱなから時系列が飛ぶ、飛ぶ(笑)
しかしメメントのように錯綜しているのではなく、必要な時に最小限に持ってきているだけで分かり易い。
サスペンスにはこういった時系列イジりは欠かせない。
最後まで見終わった後で、もう一度冒頭を見ると、「ああ!」と繋がることが何と多いことか…。
でもこの時系列イジりは、綿密に練られた脚本があって初めて価値が出るもの。
破綻した脚本で時系列なんてイジると、それはもう目も当てられない自己満足作品の出来上がり(・∀・)
つまり、この作品、脚本も良いのだ。
やっぱり脚本にもクリスとジョナサン・ノーランの兄弟コンビの素晴らしさが出ている、そういうこと

この2人はハタから見れば「狂人」なんだろう。
マジックに取り憑かれた、日々の生活を奇術のために犠牲にして生きる「狂人」。
妻も子供も、自分を助けてくれる相手も全て、犠牲の対象になってしまう。
そしてそうなったのは全て、相手への嫉妬から。
嫉妬・妬み・嫉み・羨望・憎しみ…これら負の感情の究極はあっさり人を狂わす。
うーん、何と恐ろしいことだろう。
ノーラン監督ってば、この静かな「狂気」や「嫉妬」の描き方がまた秀逸でたまらない。美しくも残酷でダークな映画を撮らせたら、右に出る者はいないんじゃないだろうか。
そしてその2人を、ヒューとチャンベール(笑)がこれまた上手く演じてるわけですよ
ヒューは「X-MEN」、ベールは「バットマン」と、それぞれアメコミのヒーローを演じてるってのも面白いキャスティングだと思う。
スカーレットは派手なイメージがあって、ノーラン作品には合わないかと思ったらとんでもない!!!
マジシャンのショーガールにはむしろこの華やかさがぴったり。

残念なのが音楽かな。
まあ派手な音楽はいらない作品だけど、もうちょっと効果的に音楽を流して欲しかった。
ダークで美しい世界観なだけに、もうちょっとその世界を音楽で盛り上げられたと思うんだよね。特に、奇術のシーンとか。そういう派手な舞台なんだから。

ちなみに、ボーデンが銃弾マジックで指を失ったときに、観客が笑うのがちょっとリアルで怖かった。
リアルだよー、あれ。酔っ払いの集団て、血を見て叫ぶどころかケラケラ笑うからね(;´д`)
ラストの、本当の「タネ明かし」も私は好き。全く読めなかった。
「シークレット・ウィンドウ」でさえ、本編始まる前にオチが読めたというのに(笑)
冒頭の「確認」「展開」「偉業(プレステージ)」――これが、作品全体にも成り立っていたのはお見事。
別窓 | 映画・ドラマ・俳優 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<成年後見人業務日誌2 | ご み 箱 か ら 見 る 世 界 | 「ノーカントリー」感想>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| ご み 箱 か ら 見 る 世 界 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。