感情のごみ箱。音楽と映画と小旅行がオアシス。映画の評価は★=1.0、☆=0.5で5つが最高。(+は個人的趣味加算・笑)

-------- -- --:--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
2003-12-11 Thu 20:38
「Let the Devil Wear Black」感想
(03,11,6のログを移動)

●Let the Devil Wear Black(原題)●'99/USA/R/89min
●監督:ステイシー・タイトル
●キャスト:ランダル・バティンコフ/ジョナサン・ペナー/メアリー=ルイーズ・パーカー/ジャクリーン・ビセット
●映像・音楽:★☆
●ストーリー:★☆
●総評価:★★
●特筆:国内未発表


ウィリアム・シェイクスピアの"ハムレット"準拠の現代版サスペンスストーリー。
超B級(・∀・)
イーサン・ホークの"ハムレット"が舞台としたような、ビルが建ち並び車が飛び交う全くの現代NYが舞台というわけじゃありません。キャッチフレーズ(笑)が"Something is Rotten in the City of Angels"とある通り、LAの夜の街が舞台になってます。

ハムレットらしく、資産家の父親の死に疑問を持つジャック(ジョナサン・ペナー)が、バーで父親の亡霊(?)に会うことで、彼が誰かに殺されたことを確信して捜査にのりだす、と(笑)

しかしまあ穴の多いこと(・∀・)B級サスペンスは穴多くてなんぼだろうが、しかし「ヲイヲイ!」とつっこみたくなる理不尽な部分が多くて思わず笑ってしまったよ。これはジャックより、その彼女ジュリア(メアリー=ルイーズ・パーカー)が良い味出してます。妊娠して不安定になってる女性の危うさを、気怠げ~なオーラでナチュラルに演じてた。コートニー・ラブのような迫力。

とまぁあくまでB級サスペンスな映画の内容についてはこの辺にしといて、個人的にはノーマンファンとしてオススメしたい作品ではあるんだなコレが(笑)
ノーマンの役はジャックの友人ジェシー。
このジェシー、ノーマンの役の中でもダントツに退廃的な目とオーラを湛えてるんです(>_<)私はノーマンの退廃的でどこか厭世的な色がある目にハマってて、ジェシーはノームのその魅力がめちゃめちゃ生かされててvvv
故にノームの退廃的なオーラが好きって人は観ていいと思う。
別窓 | 映画・ドラマ・俳優 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<「Dark Harbor」感想 | ご み 箱 か ら 見 る 世 界 | 「王様の漢方」>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| ご み 箱 か ら 見 る 世 界 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。