感情のごみ箱。音楽と映画と小旅行がオアシス。映画の評価は★=1.0、☆=0.5で5つが最高。(+は個人的趣味加算・笑)

-------- -- --:--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
2006-03-31 Fri 23:52
地上波で指輪
吹替って大嫌いなんですよ(唐突に)
吹替の必要性も需要も十分分かってるし吹替派の友達もいるし、これは趣味の問題で言ってるだけ。

あれって、俳優の声とか訳されない呟きといった音声を消して、上から声を被せてるわけでしょ。
音声を消すってそもそも、その声色まで含めてキャスティングされた俳優やキャスティングした監督等にすごい失礼な話だと思うし、何より日本人の声(特に悲鳴や戯けかた)って洋画に合わない。
というのが長年の持論ですから(`д´)=3
映画歴は長いけど、もうずっと昔から吹き替えで観たことがなかった。小学生の頃から字幕派。
人生で唯一吹き替えで完全に観たのは「ハード・デイズ」のみ(笑)

で、何が言いたいかというと、そんな私が吹替で観ても、やっぱり感動するのがこの映画・LOTR。
LOTRの最後、RotKが公開されてから早2年。
初めて地上波での放映があって、ついつい途中から観ちゃったんですYO(-"-;)
この三部作についての感想はココでまとめている通り。
いつ観ても本当に素晴らしい映画だよなあ。これを超えるファンタジーが今世紀のうちに創られるとはちょっと考えられないくらい。

明日「ヒストリー・オブ・バイオレンス」観に行こうかと思ったけど、アラゴルンのヴィゴを観た後には観たくない気がしてきた・・・(笑)
別窓 | ほんの日常 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<遊日 | ご み 箱 か ら 見 る 世 界 | 医療行為の同意権と後見人>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| ご み 箱 か ら 見 る 世 界 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。